『ノーザンファーム系の一口クラブ馬は新馬戦で過剰人気になる』田中洋平

 

2020年、新年一発目の芝の新馬戦は、

京都1800メートルの外回り。

 

1番人気は阪神JFを制したダノンファンタジーの

弟であるアドマイヤベネラ。

 

セレクトセールで2億4840万円の超期待馬です。

続く2番人気がユーキャンスマイルの全弟ルビーカサブランカ。

 

ユーキャンスマイルは、

ダイヤモンドSに新潟記念とG3を2勝している実績馬ですね。

 

そして3番人気はクレイスで、

母は2011年のマーガレットSを制したクリアンサス。

 

祖母はフラワーパークと、オールドファンには懐かしい良血。

 

最後に4番人気のスマートアリエルは、

母が北九州記念(G3)で2着と短距離路線で活躍したスカイノダン。

 

新年一発目に相応しく、好メンバーが揃ったレースでした。

 

結果↓

1着 ルビーカサブランカ(ノーザンF)

3着 アドマイヤベネラ(ノーザンF)

7着 スマートアリエル(桑田牧場)

12着 クレイス(G1レーシング)

 

結果はノーザンファーム生産の2頭が馬券圏内に。

2020年もやはりノーザンファームは健在ですね。

 

そこで「ふと」思ったのが、

ノーザンファーム系の一口クラブ馬は、

新馬戦で過剰人気なるのではないか?ということ。

 

一口クラブとは馬の権利を最大500口くらいに分割して、

サラリーマンでも馬主気分を味わえる仕組み。

 

私もシルクレーシングに入会していますが、

新馬戦は出資馬の能力がだいたい分かる試金石です。

 

カタログで、馬体、血統、兄弟、管理する調教師、

そして価格面から走りそうな馬を選ぶ。

 

その答え合わせが、約1年後の新馬戦というわけです。

 

新馬戦で惨敗するようであれば、未勝利脱出は困難。

 

その出資は失敗の可能性が高いと判断できます。

 

反対に新馬戦で見どころのあるレースができれば、

未勝利は勝ち上がれるだろうという見通しが立つので安心できる。

 

出資馬の新馬戦は、まさに期待と不安が入り混じったレースなのです。

 

だから応援馬券を購入してしまうオーナーも多い。

 

そのため、実力以上に馬券が売れてしまい、

過剰人気になってしまうのでは?という仮説が湧いたわけですね。

 

ということで、ノーザン系の一口クラブの新馬戦成績を調べてみました。

期間は2017~2019年の3年分。

 

◆サンデーレーシング

勝率26% 連対率40% 複勝率55%

単勝回収率130% 複勝率105%

 

◆キャロットファーム

勝率22% 連対率38% 複勝率53%

単勝回収率98% 複勝率102%

 

◆シルクレーシング

勝率24% 連対率37% 複勝率50%

単勝回収率116% 複勝率110%

 

はい、私の仮説は一瞬で崩れ去りましたね。

 

過剰人気どころか、

人気以上に勝つので回収率が100%を超えています。

 

ノーザンファーム1強時代がいつまで続くかは分かりませんが、

しばらくはこの作戦で勝てそうです。

 

ぜひ参考にしてください。

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録