『前走がダートの重・不良馬場の馬を買うだけでプラス回収にする方法』田中洋平

 

私のオフィシャルメルマガで

「0.2秒差以内の4~6着馬」という馬を配信してます。

 

オフィシャルメルマガ

 

これは接戦だったけど、着順が目立たない馬で、

次走が狙い目になるからですね。

 

しかしこの勝ち馬から0.2秒差内だった馬が、

1~2頭しか該当しない週が、稀にあります。

 

けっこうなレアケースなのですが、

こんな週もあるのですね。

 

と、これで終わってしまうのはもったいない。

 

せっかくなので、なぜ少ないのか?を考えてみましょう。

 

該当馬が少ない理由は何だと思います?

 

あなたと同じ意見だと思いますが、私は馬場が悪かったからでは?

 

と考えました。

 

泥んこ馬場だと、得手不得手の差がハッキリと出て、

着差が付きやすいのではないか?という予測ですね。

 

ということで、

さっそく前走馬場状態の今走成績をご覧ください↓

 

 

前走ダートの重と不良で0.2秒差内の4~6着だった馬は、

高い成績と回収率になっていますね。

 

なぜ芝よりもダートの方が良いのか?というのは、

芝に比べてダートの方が着差が付きやすいからです。

 

芝は接戦になることが多いので0.2秒差内での決着はよくあること。

 

反対にダートは着差が付きやすい傾向なので、

前走接戦で敗れた馬は、今回も上位争いになる可能性が高い。

 

さらにそのダートで、

水の浮く泥んこ馬場だった場合、さらに価値がアップする。

 

こう考えることが出来るわけですね。

 

では次に、先ほどのデータから牝馬を抜きたいと思います。

 

その理由は、牡馬に比べて牝馬はパワー不足だからです。

 

前走は重・不良馬場の適性で上位入線したとしても、

今回が力の必要な良馬場の場合は、やはり牝馬は不利になります。

 

ダートは基本、牝馬は不利。

 

ということで、牝馬を抜いたデータがこちら↓

 

 

なかなか強烈な数字になりましたね。

 

条件は以下の通り。

 

1)前走0.2秒差内の4~6着

2)前走ダートの重・不良馬場

3)牡馬、セン馬のみ

 

この3つの条件で以下の成績になります。

 

勝率14% 連対率31% 複勝率40%

単勝回収率135% 複勝回収率85%

 

ここから今回ダートのレースだけ、

芝のレースに出走している馬を除きます。

 

勝率14% 連対率32% 複勝率41%

単勝回収率138% 複勝回収率87%

 

前走ダートのレースで接戦を演じている馬が、

芝に目先を替えること自体めずらしいので、

私が集計した期間では6頭だけ該当しました。

 

あまり気にする必要はなさそうですが、

今回芝の馬は排除しても良いデータだと思います。

 

このように「なんでだろう?」をスルーせずに調べると、

新しい発見に出会うことがあります。

 

競馬雑誌、競馬書籍、ネット情報、

実際のレース映像をみて、まずは「なんでだろう?」を探しましょう。

 

それをTARGETで調べれば、

あなたオリジナルの必勝法に出会えるはずです。

 

前走接戦だっと馬については、以下の記事も参考にされてください。

 

◆着差0.2秒差以内から馬券術を展開する

『着差0.2秒差以内から馬券術を展開する』田中洋平

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録