『5~6頭立ての超少頭数レースで儲かる死角はここだ!』田中洋平

 

昨日(2020年1月26日)は、

超少頭数レースがいつもより目立ちましたね。

 

京都8レースの1勝クラス(牝馬限定)が5頭立てで、

京都10レースの若駒ステークスが6頭立て。

 

そして中山12レースの2勝クラスが6頭立てでした。

 

京都の若駒ステークスはクラシックへの力試し的なレースで、

過去の勝ち馬はこの顔ぶれ。

 

アンライバルド(皐月賞)

ヒルノダムール(天皇賞・春)

トゥザワールド(皐月賞2着、有馬記念2着)

マカヒキ(ダービー)

ヴェロックス(皐月賞2着)

 

ここを勝って弥生賞を叩くか、

または皐月賞に直行して活躍する馬が多い印象です。

 

ディープインパクトとアパパネの子供、ラインベックに、

ワグネリアンとの新馬戦で異次元の末脚を使ったヘンリーバローズの弟、

良血馬シルヴェリオを倒したケヴィンは、この先も期待できそうですね。

 

ただ馬券的に面白くない。

 

または超少頭数レースはオッズが低いので、買う気がしない。

 

こんな競馬ファンも多いと思います。

 

そこで何か配当妙味はないか?探ってみると、

意外と簡単に儲かるポイントを見つけました。

 

これを知ると、次の少頭数レースが待ち遠しくなるでしょう。

 

ではさっそく攻略していきます。

 

データは2017~2019年末の3年間分を使用。

 

5~6頭立てのレースを調べています。

 

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1番人気 16- 19- 6- 4/ 45 35.6% 77.8% 91.1% 57 88
2番人気 13- 11- 11- 10/ 45 28.9% 53.3% 77.8% 98 82
3番人気 6- 10- 13- 16/ 45 13.3% 35.6% 64.4% 85 85
4番人気 6- 3- 12- 24/ 45 13.3% 20.0% 46.7% 124 58
5番人気 3- 2- 2- 38/ 45 6.7% 11.1% 15.6% 98 70
6番人気 1- 0- 1- 34/ 36 2.8% 2.8% 5.6% 78 13

 

 

まず注目が1番人気の単勝回収率です。

 

かなり低いですよね。

 

◆平均オッズ

1番人気(1.7倍)

2番人気(3.9倍)

3番人気(6.6倍)

4番人気(14.9倍)

5番人気(33.4倍)

6番人気(64.6倍)

 

1番人気の平均オッズが1.7倍なのですが、

このオッズなら勝率44%くらいはないと、おかしい計算です。

 

しかし実際は勝率37%ほどしかありません。

 

これは1番人気の馬が、過剰に人気しているということ。

 

「6頭立てだから、まず負けないだろう」

 

こんな競馬ファンの心理が、過剰人気を作り出しているわけです。

 

そして1番人気がオッズの養分を吸い取った分、

2~5番人気のオッズが甘くなって、単勝回収率がいい感じですね。

 

2~5番人気の成績をまとめてみましょう。

 

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
2~5番人気 28- 26- 38- 88/180 15.6% 30.0% 51.1% 101 74

 

 

これだけで簡単に回収率100%を超えました。

 

では次にオッズ帯別の成績を見てみましょう。

 

単勝オッズ 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
2.0~ 2.9 3- 4- 2- 3/ 12 25.0% 58.3% 75.0% 70 70
3.0~ 3.9 9- 5- 4- 8/ 26 34.6% 53.8% 69.2% 114 98
4.0~ 4.9 2- 5- 7- 4/ 18 11.1% 38.9% 77.8% 46 68
5.0~ 6.9 4- 4- 4- 7/ 19 21.1% 42.1% 63.2% 118 83
7.0~ 9.9 4- 4- 12- 11/ 31 12.9% 25.8% 64.5% 96 54
10.0~14.9 4- 2- 4- 9/ 19 21.1% 31.6% 52.6% 229 137
15.0~19.9 1- 0- 3- 5/ 9 11.1% 11.1% 44.4% 183 92
20.0~29.9 1- 2- 0- 19/ 22 4.5% 13.6% 13.6% 109 92
30.0~49.9 0- 0- 2- 18/ 20 0.0% 0.0% 10.0% 0 0
50.0~99.9 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
100.0~ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

 

 

5~6頭立てのような超少頭数レースで、

単勝オッズ30倍を超えるような馬は、かなりチャンスが少ないようですね。

 

では2~5番人気&単勝オッズ29.9倍以内の馬を抜き出してみます。

 

単勝オッズ 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
~29.9 28- 26- 36- 66/156 17.9% 34.6% 57.7% 117 85

 

 

これを年単位で見てみると以下の通り↓

 

 

年・年月 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
2019年 9-11-14-33/67 13.4% 29.9% 50.7% 137 78
2018年 10- 8- 9-13/40 25.0% 45.0% 67.5% 102 99
2017年 9- 7-13-20/49 18.4% 32.7% 59.2% 101 85

 

 

あとは2~5番人気の4頭の中から、

あなたの予想力をフル活用したアナログ予想で、1頭だけ削ぎ落せばOK。

 

残った2~3頭の単勝馬券を買えば、

回収率150%オーバーの優良な馬券術になるでしょう。

 

ぜひ参考にしてください。

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録