『好走するローテーションを狙って回収率119%!』田中洋平

 

2020年の2歳戦が始まるのはまだ先ですが、

今回はまだ若い2歳馬の特徴から、馬券術を考えたいと思います。

 

馬はもともと臆病な生き物と言われていますが、

それが若い2歳馬であれば、なおさらですよね。

 

しかし2歳のオープンレースは、

野路菊S、ききょうS、芙蓉S、萩Sなど、

少頭数になるレースが多い傾向です。

 

この少頭数レースを勝って多頭数のG1に挑むと、

意外と揉まれ弱くて、能力を発揮できずに惨敗。

 

こんなことが、2歳馬にはよくあります。

 

競走馬は「キツイ→楽」のときに好走して、

「楽→キツイ」ときに凡走するのはご存じですよね。

 

つまり「少頭数→多頭数」はキツイ流れで、

「多頭数→少頭数」は楽な流れと言えるでしょう。

 

まずはキツイ流れから調べてみましょう。

 

◆キツイ条件

2歳馬

前走5~9頭立て

1~3着

今回14~18頭立て

 

前走少頭数レースで1~3着に好走して、

今回多頭数レースに参戦するパターンですね。

 

勝率11% 連対率21% 複勝率31%

単勝回収率50% 複勝回収率73%

 

このような成績になります。

 

ただこれ単体では、成績が良いのか悪いのか?が分からないので、

「多頭数→多頭数」のパターンをお見せします。

 

◆比較条件

2歳馬

前走4~18頭立て

1~3着

今回14~18頭立て

 

前走多頭数で好走して今回も多頭数、

「キツイ→キツイ」のパターンです。

 

勝率19% 連対率33% 複勝率45%

単勝回収率81% 複勝回収率82%

 

成績がまったく違いますね。

 

「楽→キツイ」は凡走するので、要注意なのです。

 

では反対に「キツイ→楽」のパターンはどうでしょう?

 

◆楽の条件

2歳馬

前走14~18頭立て

4~9着

今回5~13頭立て

 

前走多頭数レースで惜しい競馬をして、今回出走頭数が減るパターンですね。

 

勝率8% 連対率18% 複勝率29%

単勝回収率119% 複勝回収率91%

 

前走4~9着と馬券に絡めなかった馬を狙う部分に注意して欲しいのですが、

多頭数なら少しのマギレで能力を発揮できない。

 

ということが、頻繁にあるわけです。

 

こちらの画像をご覧ください。

 

 

上段の写真が18頭立てのレースで、下段の写真が8頭立てです。

 

下段の18頭立ては最後方の1頭が見切れていて映っていないのですが、

ゴチャゴチャ加減がまったく違いますよね。

 

ゴチャゴチャの満員電車で通勤したら、うまく能力を発揮できないが、

特急の指定席で快適に出勤したら、バリバリ働ける。

 

人間に例えるなら、こんな感じでしょうか。

 

これが「キツイ→楽」の流れです。

 

競走馬は「キツイ→楽」のときに好走して、

「楽→キツイ」ときに凡走する。

 

この視点から調べてみると、良い結果にたどり着くかと思います。

 

まずは「楽→キツイ」になるアイデアをたくさん書き出して、

それをTARGETでバンバン調べましょう。

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録