『第64回 ダイオライト記念(JpnII)(指定交流) 予想』斉藤イサオ

過去10年の勝ち馬はJRA9勝、地方1勝とJRA勢が圧倒しています。
JRA9勝の内、8勝は栗東所属馬が勝利しています。
また、上位人気の成績も優秀で1番人気は勝率50%、連対率と複勝率は60%、
2番人気が勝率30%、連対率50%、複勝率70%、3番人気が勝率10%、連対率30%、複勝率70%と
高い数字を残しています。
推奨馬は3頭になります。

  • 1枠1番チュウワウィザード
    昨年の名古屋グランプリではミツバ、グリムのダートグレード競争で実績のある馬を破って勝利を収めました。また、前走の東海Sではインティの2着に来ておりここまで全レースで3着以内を外していない安定感もあります。前々走で長距離レースも問題無くクリアしており、今回が初のナイター競馬ですが、ここでも十分に勝ち負け出来る力はあると思い軸馬として推奨します。
  • 8枠14番ミツバ
    前走の川崎記念ではケイティブレイブに2馬身半差を付けて初のJpn1勝利を飾りました。前々走の名古屋グランプリではチュウワウィザードに負けていますが2kgの斤量差がありました。今回は1㎏差となり、また、川崎記念の内容であれば前々走負けているチュウワウィザードにも逆転は可能と思い推奨します。
  • 5枠7番ヤマノファイト
    前走の金盃は最後の直線で伸びを欠き4着に負けてしまいました。前走を見る限り長距離への適性が高い馬ではありませんが、前々走は2100mの報知オールスターカップを勝利しており2400mであればギリギリ持つのではないかと思っています。
    JRA所属馬の壁は厚く厳しいレースになると思いますが、紐荒れを期待して地方所属馬からは同馬を推奨します。

 

投稿者プロフィール

斉藤イサオ
斉藤イサオ
常識にとらわれない南関コンピ職人
南関コンピをベースに、過去のレース傾向、騎手の成績、持ち時計などのファクターを駆使して予想を組み立てる職人。馬券は本命重視で、過去データの扱いに長けている。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。