『第23回 マリーンカップ(JpnIII)(指定交流) 予想』斉藤イサオ

過去10回で1番人気が勝率60%、連対率80%の数字を残しており牝馬限定のDG競走としては荒れないレースとなっております。また、7番人気以下は過去10回で一度も馬券圏内に来ていません。今年は出走馬も集まらず8頭と小頭数の競争となり堅い決着となる可能性が高いと見ています。
推奨馬は3頭になります。

  • 7枠7番アイアンテーラー
    前走のTCK女王盃は逃げることが出来ず12着と大敗する脆さはありますが、2走前のクイーン賞は逃げ切って勝利したようにハナさえ切れれば好走が可能です。今回同型馬に地方馬のチークスがいますが、能力的にはこちらが上ですので先手を取って自分の得意な形に持って行くとなれば2走前のクイーン賞のように勝ち切ることも可能と思いますので同馬を推奨します。
  • 3枠3番オウケンビリーヴ
    ここ2走はJRAの混合戦に出走して6着、4着と結果は残せていませんが、昨年はDG競走を3走して1勝、2着2回と地方のレースでは結果を残しました。距離は短い方が良いと思いますが昨年のスパーキングレディーカップで2着に来ていますので牝馬同士の対戦でしたら持たせる事も十分可能で手薄なメンバーの今回は勝てるチャンスもあると見ていますので同馬を推奨馬の1頭に上げます。
  • 8枠8番リエノテソーロ
    3歳時にNHKマイルCで2着に入ったためか芝のレースも使われていますが、戦績を見る限りでは地方のマイル以下の距離の適性が最も高いように思えます。2歳時には全日本2歳優駿を昨年はスパーキングレディーカップを勝利しており今回の舞台は合うと思いますので昨年のターコイズS以来のレースになりますので当日の状態次第ではありますが、上位を狙える1頭と思い同馬を推奨します。

地方馬ではラーゴブルーが馬券圏内に食い込む可能性がありますのでオッズ次第では押えておきたいです。

投稿者プロフィール

斉藤イサオ
斉藤イサオ
常識にとらわれない南関コンピ職人
南関コンピをベースに、過去のレース傾向、騎手の成績、持ち時計などのファクターを駆使して予想を組み立てる職人。馬券は本命重視で、過去データの扱いに長けている。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。