『第53回 黒潮盃(SII) 予想』斉藤イサオ

1番人気は過去10年で7勝と高い勝率を残しており信頼は置けますが、他の上位人気は信頼の置ける成績は残しておらず人気通りには決まらない傾向があります。中心となるのはクラシック出走組は東京ダービー、ジャパンダートダービー7着以内馬、クラシック未出走馬では下位のクラス(B1~B3)馬で前走1着であれば上位進出のチャンスは出てきます。
推奨馬は3頭になります。

 

  • 6枠12番トーセンボルガ
    4走前の若竹賞から逃げるレースで2着3回、3着1回と1着こそありませんが成績は安定してきました。前走も出走メンバーで唯一56kgで2着、2走前も古馬とのレースでも1着とはクビ差と差のないレースはしています。同型の逃げ馬も同じ小久保厩舎のホールドユアハンドがいますがハナの奪い合いはならないと思いますので同馬が逃げる形に持ち込めるようであれば上位争い可能と思いますので同馬を推奨します。
  • 4枠7番グリードパルフェ
    前走のジャパンダートダービーの7着は今回出走するメンバーでは最先着の着順で、2走前の東京ダービーでも人気を集めていたヒカリオーソ、ミューチャリー、ウィンターフェルに次いで4着と今回の出走メンバーの中では最先着をしており5着馬のアエノエンペラーとの差は5馬身でした。クラシック路線からの参戦馬では実績は1番と言っていい馬でありジャパンダートダービーで7着以内の馬が好成績を残してるレースでもありますので同馬を推奨します。
  • 3枠6番サージュ
    3走前に出走した東京湾カップでは後方からレースを進めて行く形でしたが、1着のサクセッサーと同じ上がりを出して9番人気ながら3着で2着のグリードパルフェとはクビ差の競馬をしました。その後の東京ダービーや前走も同様に後方からのレースをしており結果こそどちらも7着と結果は出ていませんが、前が速くなる展開であれば出番もあると思います。決して人気を集めている馬ではありませんが穴狙いの1頭として同馬を推奨します。

 

 

例年と比べると抜けていると言える存在がおらず混戦になりそうなメンバーですので推奨馬以外に押さえておきたいのはアエノエンペラー、ハルディネロ、シビックヴァーゴ、リンノレジェンド等手広く押さえたいです。

 

今回の予想は以上となります。
次回は8月22日(木)第16回スパーキングサマーカップ(SⅢ)の予想をお届けします。

投稿者プロフィール

斉藤イサオ
斉藤イサオ
常識にとらわれない南関コンピ職人
南関コンピをベースに、過去のレース傾向、騎手の成績、持ち時計などのファクターを駆使して予想を組み立てる職人。馬券は本命重視で、過去データの扱いに長けている。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。