『第16回 スパーキングサマーカップ(SIII) 予想』斉藤イサオ

過去10年で1番人気は3勝、2着3回で連対率60%、2番人気も4勝と1~2番人気はまずまずの成績を残しています。また、高齢馬が活躍しているレースでもあり7歳馬が4勝、6歳馬は3勝しています。そして4年連続で逃げ馬が勝利を収めているレースでもあります。レースの中心は川崎マイラーズ、大井記念の上位馬、スパーキングサマーチャレンジ1着馬です。
推奨馬は3頭になります。

 

  • 5枠8番トロヴァオ
    前走のサンタアニタトロフィーは好位でレースを進めましたが伸びきれず7着に終わりました。2走前の川崎マイラーズでは重賞を3連勝中のキャプテンキングに半馬身差の2着、1昨年までの戦績でも川崎の重賞では3着以内を確保するなど好相性のコースに戻りますので改めて見直したい1頭ですので同馬を推奨します。
  • 7枠11番センチュリオン
    南関東に移籍後の3戦は全て2000mのレースに出走して1着1回、2着2回と連対率は100%をキープしています。前走もクビ差の2着でしたが川崎でのレースは初でしたので評価していい内容ですし、JRAでは重賞勝ちの実績もあります。主に1800m以上のレースに出走しておりマイルはこれで2戦目とマイルのレースは2017年4月以来となりますので距離短縮に対応できれば上位争い可能と思いますので同馬を推奨します。
  • 6枠9番ロイヤルパンプ
    前走のサンタアニタトロフィーは逃げるレースをして最後は捕まってしまいましたが4着と見せ場は作ってくれました。今回は同型のシュテルングランツがおりハナを取れるかは不透明ですが、好位からでもレースは進めても結果は出していますので位置取りにはこだわらないと見ています。サンタアニタトロフィーでも推奨しておりましたが、今回も上位争い可能と思いますので改めて同馬を推奨します。

 

スパーキングサマーチャレンジ1着馬のザイディックメアや川崎1600mの持ち時計が優秀なトキノパイレーツ、ハッピースプリントも上位争いは十分に可能ですので相手に押さえておきたいです。

今回の予想は以上となります。
次回は8月28日(水)第26回アフター5スター賞(SⅢ)の予想をお届けします。

投稿者プロフィール

斉藤イサオ
斉藤イサオ
常識にとらわれない南関コンピ職人
南関コンピをベースに、過去のレース傾向、騎手の成績、持ち時計などのファクターを駆使して予想を組み立てる職人。馬券は本命重視で、過去データの扱いに長けている。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。