『第48回 戸塚記念(SI) 予想』斉藤イサオ

過去10年で1番人気と5番人気が3勝、2着3回の勝率30%、連対率60%と好成績を残しています。中心となるのは前走が黒潮盃、トライアルの芙蓉賞1着馬とクラシックで好走した馬(東京ダービー、ジャパンダートダービー、関東オークス)です。
推奨します。3頭になります。

 

  • 5枠8番ヒカリオーソ
    2走前の東京ダービーを勝利しジャパンダートダービーでも逃げて5着と掲示板に乗り出走メンバーの中では抜けた実績を持っています。川崎でのレースは昨年の全日本2歳優駿以来ですが、川崎での勝利実績もあり船橋の重賞を勝利もしいます。脚質的にも川崎を苦にすることはありませんので勝ち負けを期待して推奨します。
  • 8枠14番ウィンターフェル
    南関東に移籍してから京浜盃、羽田盃2着、東京ダービー3着ジャパンダートダービー4着とクラシック戦線で善戦を続けてきましたが、勝ち切る事は出来ませんでした。前走は中団から差す競馬で2着とタイム差無しと好走しています。ヒカリオーソ同様実績は抜けています。左回りは今回で2走目、外枠という点では不安は残りますが上位争い可能と思いますので同馬を推奨します。
  • 2枠2番ダンサーバローズ
    JRAから移籍後の3戦は結果が出ずにクラシックへの出走は出来ませんでしたが、2走前のレースでは古馬相手に3着、前走の芙蓉賞は好位からの競馬で1着と結果を出しました。ここ2走川崎でレースをしていること、芙蓉賞1着馬は好走する傾向があります。クラシック実績馬と初の対戦となりますが、好走可能と思いますので同馬を推奨します。

 

火曜日の最終レース時点で馬場状態は不良となっておりレース当日の天候次第では不良のままレースが行われると逃げ馬の台頭も考慮する必要はありますが、馬券は推奨している3頭で勝負したいレースです。

今回の予想は以上となります。
次回は9月12日(木)第30回テレ玉杯オーバルスプリント(JpnⅢ)の予想をお届けします。

投稿者プロフィール

斉藤イサオ
斉藤イサオ
常識にとらわれない南関コンピ職人
南関コンピをベースに、過去のレース傾向、騎手の成績、持ち時計などのファクターを駆使して予想を組み立てる職人。馬券は本命重視で、過去データの扱いに長けている。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。