『フローラS2着の超伏兵パイオニアバイオの父親は?』田中洋平

 

2018年から優駿牝馬(オークス)の優先出走権が、

2着までに変更になったフローラSですが、

本命視されていたサトノワルキューレ勝利。

 

2着には13番人気の超伏兵パイオニアバイオが入りました。

 

この2頭が優先出走権を得たわけですが、

最近、ひしひしと感じていることが、

このオークストライアルでも起こりました。

 

それは、種牡馬の世代交代。

 

サトノワルキューレの父親は、

帝王ディープインパクトですが、

パイオニアバイオの父親は、ルーラーシップです。

 

クラシック路線に向けてなので芝のみですが、

 

2017年(現4歳世代)の

1月~4月まで重賞勝ち種牡馬ランキングは、

 

1位 ディープインパクト

2位 ハービンジャー

3位 ハーツクライ

4位 ダイワメジャー

5位 マンハッタンカフェ

 

このような結果でした。

 

2018年(現3歳世代)の

1~4月までの重賞勝ち種牡馬ランキングは、

 

1位 ディープインパクト

2位 ロードカナロア

3位 オルフェーヴル

4位 ルーラーシップ

5位 キングカメハメハ

 

このようになっています。

 

ディープ産駒の強さは相変わらず健在ですが、

2位以下がまったく違いますね。

 

2015年に死亡した、

ステイゴールドの後継種牡馬がオルフェーヴル。

 

そして体調不良で種付け制限されている

キングカメハメハの後継種牡馬に、

ロードカナロアとルーラーシップが、

2018年のランキングにしっかり食い込んでいます。

 

あとはフジキセキの後継種牡馬がキンシャサノキセキ、

ネオユニヴァースの後継はヴィクトワールピサ、

そしてグラスワンダーの後継はスクリーンヒーロー、

という感じでしょうか。

 

ちなみに今年の桜花賞の1~3着馬は、

 

1着 アーモンドアイ(ロードカナロア)

2着 ラッキーライラック(オルフェーヴル)

3着 リリーノーブル(ルーラーシップ)

 

このようなメンバーでした。

 

続いて皐月賞の1~3着馬は、

 

1着 エポカドーロ(オルフェーヴル)

2着 サンリヴァル(ルーラーシップ)

3着 ジェネラーレウーノ(スクリーンヒーロー)

 

と、明らかに例年と種牡馬の顔ぶれが違います。

 

やはり世代交代が着々と進んでいますよね。

 

また現2歳世代(今年)は、

ハーツクライの後継と目されているジャスタウェイ産駒がいます。

 

2019年組み(現1歳世代)には、

シンボリクリスエスの後継種牡馬エピファネイアに、

ディープ産駒のキズナ、

キンカメ産駒でルーラーシップの甥に当たる

ドゥラメンテの子供がデビューする予定です。

 

かなり楽しみな名前が並んでいますね。

 

しかし前々から日本の競馬界は、

サンデーサイレンスの血を持った子供が増えすぎた、

と言われています。

 

エピファネイア → 母の父の父がサンデー(ひ孫)

キズナ → 父の父サンデー(孫)

ドゥラメンテ → 母の父サンデー(孫)

ジャスタウェイ → 父の父サンデー(孫)

キンシャサノキセキ → 父の父サンデー(孫)

ヴィクトワールピサ → 父の父サンデー(孫)

スクリーンヒーロー → 母の父サンデー(孫)

オルフェーヴル → 父の父サンデー(孫)

 

このように父系に入っていなくても、

母系に入っているという、ほとんど遠い親戚状態です。

 

これは配合が大変です。

 

エピファネイアのようにひ孫まで行くと、

血が薄くなるので、ある程度の融通が利くのでしょうけど。

 

こう考えると、サンデーの血を内包していない

ロードカナロアとルーラーシップが貴重ですね。

 

優秀なサンデー系繁殖牝馬との間に大物が誕生して、

一時代を築きそうな気もします。

 

オークス、ダービーの種牡馬争いも楽しみです。

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。