『フェブラリーステークスで藤田菜七子騎手のG1初騎乗が実現しそう』田中洋平

フェブラリーステークスで、

藤田菜七子騎手のG1初騎乗が実現しそうですね。

 

注目の騎乗馬は、

根岸ステークスを快勝したコパノキッキング。

 

オーナーはDr.コパこと小林祥晃氏で、

この馬を管理しているのは村山明調教師です。

 

この2人のコンビは、コパノリッキーが有名ですよね。

 

そこで村山明師の成績を調べてみましょう。

 

◆村山明調教師(2016~2018年)

 

芝の場合

勝率2% 連対率4% 複勝率7%

単勝回収率31% 複勝回収率25%

 

ダートの場合

勝率8% 連対率15% 複勝率22%

単勝回収率76% 複勝回収率74%

 

このように、ダートでの活躍馬が圧倒的に多い。

 

さらにダート戦で1番人気に推されると、

 

勝率38% 連対率69% 複勝率76%

単勝回収率88% 複勝回収率98%

 

このように強烈な成績になります。

 

また小林祥晃氏×村山明師×ダート戦だと、

 

勝率17% 連対率27% 複勝率36%

単勝回収率143% 複勝回収率91%

 

と2番人気と同じ程度の成績で、妙味たっぷりですね。

 

ちなみに小林祥晃氏×藤田菜七子騎手×ダート戦だと、

 

勝率15% 連対率27% 複勝率27%

単勝回収率150% 複勝回収率70%

 

こちらも単勝がプラス回収。

 

風水パワーのおかげでしょうか。

 

かなり前から菜七子騎手をG1に乗せてあげたい、

と言っていた小林祥晃オーナーですが、

コパノキッキングが優先出走権を取ったことで確定のようです。

 

G1初騎乗でイキナリ勝利なんてことは、

都合の良い考えかと思いますが、実現すればドラマチック。

 

ということで、

根岸ステークスの勝利馬が、

フェブラリーステークスで活躍できているのか?を調べてみましょう。

 

08年 ワイルドワンダー 3着

09年 フェラーリピサ 5着

10年 グロリアスノア 5着

11年 セイクリムズン 14着

12年 シルクフォーチュン 2着

14年 ゴールスキー 10着

16年 モーニン 1着

17年 カフジテイク 3着

 

勝率13% 連対率25% 複勝率50%

単勝回収率63% 複勝回収率143%

 

過去10年のデータだと、上記のような成績です。

 

根岸ステークスの勝利から、

フェブラリーステークスを連勝したのは、

最近では2016年のモーニンだけ。

 

でも馬券圏内であれば4頭が3着以内に入っていて、

複勝率は50%あります。

 

いきなり馬券に絡む活躍なら、可能性がありそう。

 

しかし、コパノキッキングはパドックで

気の若さを見せてチャカチャカしていましたし、

距離に課題があるような話しもあります。

 

またG1初騎乗となると、

藤田菜七子騎手もさすがに緊張するでしょうね。

 

ここでイキナリ結果を残すようなら、これは本物。

 

将来が、ますます楽しみになります。

 

今からフェブラリーステークスが待ち遠しいですね。

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。