『ルメール騎手はスゴイ!と分かる好騎乗をウォッチ』田中洋平

 

2017年の秋華賞は、ルメール騎手のディアドラが制しましたね。

 

それも初騎乗で結果を出すのですから、スゴイの一言。

 

もちろん同じハービンジャー産駒、

モズカッチャンが3着しているので、

血統と重馬場の合致が、

ディアドラの戴冠に味方したとも言えますが、

今回はルメール騎手の好騎乗ぶりをウォッチしたいと思います。

 

まず比較対象とする馬は、8枠17番のポールヴァンドル。

 

ディアドラは7枠14番なので、枠順にそれほど大きな差はありません。

 

ではディアドラとポールヴァンドルの能力差についてですが、

前走の紫苑Sでは、

 

1着 ディアドラ(上がり3ハロン33秒8)

3着 ポールヴァンドル(上がり3ハロン33秒7)

 

この2頭はハナ差で、着差は0.0秒。

 

ポールヴァンドルが上手く立ち回ったのに対して、

ディアドラは大外を回したので、

その分はディアドラが少し上だと思いますが、ほぼ互角でしょう。

 

紫苑Sのゴール前の画像で差を確認↓

 

では続いて、秋華賞のこの2頭の動きを見てみましょう。

 

まずは向こう正面↓

 

ディアドラがポールヴァンドルの左斜め後ろというポジション。

 

次に3コーナー入り口↓

 

内側が空いているので、ルメール騎手は内側に寄っていきます。

 

4コーナーではほぼ同じ位置↓

 

そしてここが運命の分かれ道↓

 

ディアドラはイン、ポールヴァンドルは外へ。

 

しかし直線に向いたら↓

 

こんなにも差が開いています。

 

インに入るとドン詰まりになるリスクがありますが、

上手くさばく事ができれば、これだけの差が生まれます。

 

『やっぱり上手いなと感じたのはどの騎手でしょう?』の記事で、

田辺騎手のインからアウトへの好騎乗を書きましたが、

 

今回はその逆ですね。

 

馬場が悪いので、みんな外に出すと読んで、

ルメール騎手はインを選択したのか?

 

これは本人に聞いてみないと分からないですが、

このコース取りの判断が、

ディアドラを勝利に導いたことは間違いないでしょう。

 

田辺騎手のときと同様、

やはり勝負どころで素早く動ける人間は、結果を出しますね。

 

良いお手本になるでしょうから、

若手騎手もどんどんマネして欲しいですね。

 

秋華賞映像はこちらから

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。