『ジャパンカップ(GⅠ)2019スワーヴリチャード血統考察』YRA

血統調査員のYRAです。

「血統表は競走馬の設計図!」ということで。

 

今週は11月24日に開催されたジャパンカップ(G1)を勝ったスワーヴリチャードを取り上げます。

 

3枠5番スワーヴリチャードはほぼ五分のスタートで、道中はインの7番手の位置から。

本馬を含め11頭が大きな集団で前を行く展開となった。

3~4コーナーで馬群がバラけると、最内をピッタリとコーナリングを活かして進出し直線は3~4番手の位置で迎える。

アイルランドの若き天才オイシン・マーフィーは、見た目にも明らかに状態が悪い最内を選択。

追い出しを開始するとじわじわと前を捉えていく。

残り200mの地点で先頭に立つと、そのまま後続との差を保ちながら凌ぎきって優勝した。

本馬はこれで6勝目。

昨年の大阪杯以来、約1年7カ月ぶりの嬉しいGⅠ2勝目となった。

スワーヴリチャードの父ハーツクライは現役時代、国内外で19戦5勝。

主な勝ち鞍はドバイシーマクラシックと有馬記念。

有馬記念で無敗の3冠馬ディープインパクトに土をつけた唯一の日本馬である。

2018年の種牡馬ランクは第3位。

 

母ピラミマは現役時未勝利。

血統背景は父Unbridled’s Song(~Mr.Prospector~ネイティブダンサー系)と母父General Meeting(Seattle Slew~ナスルーラ系)の組み合わせ。

繁殖としてデビュー済み産駒はこれまで本馬を含め7頭。

父フジキセキ(4勝)→父ホワイトマズル(4勝OP馬)→父サムライハート(2勝)→父ハーツクライ(4勝)→父ハーツクライ(6勝、本馬)→父ディープインパクト(3勝、現役)→父ディープインパクト(1勝、現役)

全頭勝ち上がっており、先日デビュー勝ちを収めたばかりのルナシオンを除けば全頭複数勝ちしている。

繁殖力はかなり高い水準にあると言える。

 

父ハーツクライと母父Unbridled’s Songの組み合わせの代表格はもちろん本馬。

他にもアダムバローズ(若駒S(OP))を始め複数勝ちの馬を輩出しており、勝ち上がり率もかなり高い。

父の成功配合の1つに数えられる。

 

また本馬の持つ「Bold Reasoning」や「Never Bend」の血は父と相性が良く、コーフィールドカップ(オーストラリアG1)を勝ったアドマイヤラクティ(Bold Reasoning)やオークスを勝ったヌーヴォレコルト(Never Bend)、エリザベス女王杯を勝ったリスグラシュー(Never Bend)、さらにターフクラシック(アメリカG1)を勝ったヨシダ(Bold Reasoning)と本馬を含めG1馬を5頭も輩出している。

今後、父の配合において意識しておきたいポイントである。

 

本レースは今回2、3着に入ったディープインパクト産駒と相性が良いレース。

だが、本馬の父ハーツクライも相性が良く2014年以降で馬券圏外は2015年のみである。

本馬が今年勝利したことで、さらに父の相性が良いことを示すデータが蓄積されることとなった。

来年もこの産駒の馬には注目しておくべきだろう。

 

投稿者プロフィール

YRA
YRA
血統の設計図から好走率を占う予想家
趣味の一口馬主が高じて牧場通いをするも「馬関係者でも走る馬はわからない」という結論に至る。そこから少しでも走る馬を見極めるために血統に没頭。血統から展開されるレース回顧は好評を得ている。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録