『国分寺特別2017の穴馬探し予想PART1』シベリアン

 

「国分寺特別」の穴馬探しを
 お届けします。

 国分寺特別は、土曜の
東京9Rとして行われる
芝1600mの500万特別です。

 普段から週末に行われる
平地3重賞の展望を
 お届けしている当欄ですが、
 平地3重賞が施行されない週は
 さらに別レースも取り上げて
展望をお届けしています。

 次週末に行われる平地重賞は
鳴尾記念・安田記念のみ。

そこで今週は、土曜の
東京9R「国分寺特別」の
展望もお伝えします。

さて、毎年この週に
記していることですが、
ダービーが終わった
次週から競馬は「新学期」。

いよいよ、2歳新馬戦と
古馬の「クラス替え」が
次週末から実施されます。

 古馬の「クラス替え」は、
4歳馬の持ち賞金が次週から
一律半額カットされるもので
 これにより、大半の4歳馬の
在籍クラスが先週迄よりも
1つ(または2つ)降級します。

また、3歳馬は次週から
古馬扱いとなり、4歳以上の
馬と一緒のレースを走ります。

つまり、条件戦においては
次週から下記【1】【2】【3】
 【4】の馬が、一緒のレースを
走ることになります。

 【1】降級制度のない5歳以上の条件馬
 【2】上のクラスから降級してきた4歳の条件馬
 【3】降級していない4歳条件馬(500万クラスのみで発生)
 【4】3歳馬

 【3】は500万クラスのみで発生
します。元々500万クラスに
在籍していた4歳の1勝馬は、
 持ち賞金を一律半額カットされても
(さらに下のクラスが無いため)
 降級のしようがなく、そのまま
500万クラスに留まるからです。

つまり、500万クラスのみ
2種類=【2】【3】の4歳馬が
存在することになるのです。
 前者は2勝馬、後者は1勝馬。
 当然、地力は前者のほうが上で
 あることが大半です。出走表で
 まずは、4歳馬が【2】【3】の
 どちらに該当する馬なのかを
確認してから検討を始めるのが、
この時期の500万のレースを
予想する際のルーティーンと
 なります。

では実際に、クラス替え直後の
 この時期の「条件戦」では
【1】【2】【3】【4】のどれを
狙うのが正解なのか?

ここでは【3】が存在する
500万のレースを例にとります。

 昨年のクラス替え直後の週=
 安田記念週に行われた
500万クラスの全14クラに
 おける【1】【2】【3】【4】の
各々の成績を診て頂きましょう。

 【1】5歳上    1.4.3.47 勝率  2% 複勝率15%
 【2】4歳(降級) 6.4.6.14 勝率20% 複勝率53%
 【3】4歳(非降級)2.4.1.56 勝率  3% 複勝率11%
 【4】3歳     5.2.4.40 勝率10% 複勝率22%

 次に【1】【2】【3】【4】の
各々で3着以内に好走した馬の
「人気順」を診てください。

 【1】5歳上
    9・8・10・6・4・6・7・14
【2】4歳(降級馬)
    2・4・1・9・6・1・4・4・3・1・1・3・3・3・1・4
【3】4歳(非降級馬)
    7・8・5・10・10・5・12
【4】3歳
    2・2・2・2・9・2・1・3・1・4・3

昨年も、例年とほぼ同じ
傾向が現れた印象です。
 要注目ポイントは次の4点。

●同じ500万在籍の4歳馬でも
 【2】と【3】の成績では
 圧倒的な大差がついている。
  当然【2】>【3】

●【2】は2頭に1頭の確率で
 馬券に絡むが、ただどの馬も
 高人気になるので妙味は薄い
 馬券の「硬い軸」としては最適

●【1】【3】は時折人気薄の馬が
 激走する。ただ好走確率は
 低いので「捕まえにくい」存在

●【4】は好走確率・配当とも
 ソコソコ悪くないが
 ここ1、2年は3歳馬が人気に
 なるケースも増えてきた

【1】【3】の人気薄の快走を
捕まえるのが理想的ですが、
 好走確率が低いため狙い時が
 なかなか難しい。このゾーンの
馬は無理には狙わず、自分的に
 どうしても気になる馬がいた
時に拾う策が賢明でしょう。
ただ【1】【3】の好走馬=
これまでに「500万で2着」などの
 クラス好走実積を持っていた
馬が多くを占めていますので、
そこは最低ラインと言えます。

 馬券の軸には【2】を積極的に
据えるのが現実的です。上記の
数字を診れば、詳細な説明の
必要はないでしょう。なにせ
降級4歳と、非降級4歳では
 これだけ成績が違います。

 【4】3歳馬狙いはこの時期の
妙手だったのですが、近年は
3歳馬が人気になるケースが
明らかに増えてきました。
 中には「過剰人気」の3歳馬も
 チラホラ見かけるように。

もちろん、美味しい3歳馬も
 まだいることはいますし
好走確率も【1】【3】よりは
高いですから、オッズに気を
 つけつつ「狙いがいのある」
3歳馬を見繕って狙うのが
肝要となってくるでしょう。
なにせ次週からの3歳馬には
斤量利という大きな武器も
 あります。

 重賞やメーンだけでなく
 お昼の条件戦からしっかりと
馬券を買われる熱心なファンの
皆さんには、次週から数週間は
 ぜひ、今回ご紹介した点を
意識して頂ければと思います。
 「獲れる確率」はきっと上がる
 ハズです。

PART2では、国分寺特別で
狙いたい推奨馬を具体的に
 お伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。