『安田記念2017の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「安田記念」の穴馬探しを
 お届けします。

 安田記念は
6月4日(日)に
東京芝1600mで行われる
 マイルの頂上決戦です。

さっそく、今年の安田記念の
 ポイントをお伝えします。
まずは「香港馬」の話題から。

 【ポイント1】
 香港馬の好走・凡走は
「テンのペース」次第か?

→今年も「香港馬」が
出走してきました(2頭)。

しかも両馬とも、鞍上や
厩舎の関係で、ちょっと
穴人気にもなりそうです。

そこで、まずは
近10年の安田記念に出走した
香港馬20頭の、全成績を
診ていただきましょう。

07年 グッドババ     7着   7人気  前走CM/5着
07年 ジョイフルウイ   9着   4人気  前走CM/2着
07年 エイブルワン  12着 10人気  前走CM/1着
07年 ザデューク   15着   8人気  前走CM/3着
08年 アルマダ    2着   5人気  前走CM/2着
08年 ブリッシュラッ 14着 13人気  前走CM/3着
08年 グッドババ   17着   3人気  前走CM/1着
09年 サイトウィナ- 6着   9人気  前走CM/1着
09年 アルマダ    8着 13人気  前走CM/9着
10年 サイトウィナ- 5着 15人気  前走CM/4着
10年 フェローシップ 9着   7人気  前走CM/2着
10年 ビューティーフ 11着   4人気  前走CM/3着
11年 ビューティーフ   9着   7人気  前走CM/4着
11年 サムザップ     11着 13人気  前走CM/10着
12年 ラッキーナイン 11着   7人気  前走CM/3着
12年 グロリアスデイ 14着   3人気  前走CM/2着
13年 グロリアスデイ 11着 11人気  前走CM/4着
13年 ヘレンスピリッ 16着 13人気  前走CM/2着
14年 グロリアスデイ   6着 13人気  前走CM/4着
16年 コンテントメン 12着   9人気  前走CM/2着
——————————————–
17年 コンテントメン   ?       前走CM/1着
17年 ビューティーオ   ?       前走CM/2着

CM = チャピオンズマイル(香港国際G1)
15年は参戦なし

合計(0.1.0.19)。
08年2着のアルマダ以来、
1頭も馬券に絡んでいません。

 上記のように20頭すべて
前走で、香港国際G1の
「チャピオンズマイル」を
使ってきていますが、そこで
成績が良くても全く関係が
 ないこともよく分かります。

 何せ、上記20頭のうち
18頭がチャピオンズマイル→
安田記念で着順を下げている
有り様。

つまり、香港馬は基本的に
「チャピオンズマイルよりも
走れる馬」は、まずいないとも
言えるワケです。

かつては「短距離もマイルも
香港馬は黙って買い」などと
言われましたが、安田記念に
 おける香港馬は近年かなり低調。

その理由の1つ目は
2010年ごろまで、日本の
 マイル路線自体が低調だった
 ことです。そのため必然的に
香港馬にチャンスが広がって
 いました。実際に上記のように
2010年ごろまでは、香港馬が
 たとえ馬券には絡めなくとも
 ソコソコの着順に走っていた
 もの。

しかし、ここ数年は
 マイル路線の日本馬がかなり
強力化したことで、香港馬の
着順は下がるいっぽうです。

2つ目は、安田記念の近年の
「スピード化」に香港馬が
 ついてこれなくなっている
点です。下記を診てください。

 【2006年以降の安田記念の
 テン3ハロンのラップと
 香港馬の全着順】

06年 テン34.8★ 1着、3着、15着
07年 テン34.1  7着、9着、12着、15着
08年 テン34.6★ 2着、14着、17着
09年 テン33.4  6着、8着
10年 テン33.6  5着、9着、11着
11年 テン33.9  9着、11着
12年 テン33.8  11着、14着
13年 テン33.9  11着、16着
14年 テン35.1  6着
16年 テン35.0  12着

★印の年=香港馬が馬券圏に
好走した年ですが、テンの
速さが他の年に比べて遅い
 ことが分かります。

 安田記念は2009年から、
テン33秒台の「激流」で
流れ始めました。すると
 その途端、香港馬の好走が
 なくなったのです。

テン33秒台という「香港馬に
 とっては慣れていない速い
 ペース」になると、最初から
 ついていけず道中でも無理に
追いかけてスタミナを浪費する
 ため、好走できません。

2014年は、テン35.1秒と
近年では珍しく遅めでしたが
 すると香港馬が久々に上位=
6着に健闘しました。
 (昨年はダメでしたが)

 香港馬が安田記念で
好走するためには、テンの
流れがユルんでスピード戦の
様相が弱まることが
必須条件となるワケです。

ただ、今春の東京の芝は
速い時計が出ますし、今年の
当レースはテンから前々で
運びたいタイプの馬も多めの
 メンバー構成。序盤の流れが
遅くなることは、ちょっと
考えづらいですが…。

ですので、個人的には
今年の香港馬2頭は無印と
 するつもりですが、何か他の
理由があって「恐らく今年の
安田記念は意外にテンが速く
 ならないハズ」とお考えの
 かたは、香港馬も押さえて
 おくほうがいいと思います。

PART2では
 さらに別のテーマに
 ついて記していきます。

PART2に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。