『競馬はデータで勝ち切る!エプソムカップ』後藤博

 

今日は東京競馬場でエプソムカップ、阪神競馬場でマーメイドSと2重賞が
行われますがマーメイドSは牝馬のハンデ戦でただでさえ不確定要素が多い
競馬というジャンルがより難解になって完全にお手上げ(笑)

よって今日は東京競馬場のエプソムカップをお伝えします。

エプソムカップは芝コースの1800M戦は前々回のメルマガでもお伝えした通り
内枠が有利なコース。

このレースのポイントの1つが年齢にあり若い4歳馬の成績が非常に優秀で
他の世代を圧倒しています。

過去10年間、4歳馬成績

7-5-2-20/34
勝率 20.6% 連対率 35.3% 複勝率 41.2%
単勝回収率 87% 複勝回収率 83%

さらに1番人気に支持されるとほぼ馬券に絡みます。

4-2-1-0/8
勝率 50% 連対率 75% 複勝率 87.5%
単勝回収率 156% 複勝回収率 127%

内枠・前走上がり優秀・1番人気・・・。

ただ残念ながら今年の出頭数は18頭立て、こんな都合の良い条件が揃う
確率は低く内枠に目をやると前走G1ヴィクトリアMを2着と好走した3枠
6番デンコウアンジュが気になりますが18頭立ての11番人気と人気薄の激走、
目標ももちろんG1ヴィクトリアMだったはず。

このレースで前走を10番人気以降だと今回は厳しい結果になっています。

0-0-3-53/56
勝率 0% 連対率 0% 複勝率 5.4%
単勝回収率 0% 複勝回収率 61%

今年の1番人気は恐らく前走が今回と同距離のオープン戦2着だっ
デムーロ騎乗のアストラエンブレム。

前走オープン
3-2-2-53/60
勝率 5% 連対率 8.3% 複勝率 11.7%
単勝回収率 27% 複勝回収率 27%

実績を見るとG3とは言えアストラエンブレムは1番人気になるような
成績は残していなく危険な1番人気とも言えるでしょう。

今年のエプソムカップはかなり難解で一筋縄で行かないかもしれませんね。

★後藤博 本日の狙い

東京 11R 10 アストラエンブレム
東京 11R 6  デンコウアンジュ

以上になります。

 

投稿者プロフィール

後藤博
後藤博
会社の同僚に誘われて2010年の有馬記念で馬券デビュー。馬券は不的中もゴール前の興奮に魅了され競馬の研究に没頭するようになる。その後は大きな馬券を狙い続けて負けてばかりだったが、あることをキッカケに騎手データを重視して馬券を買うようにしたら急激に馬券収支が向上。トップジョッキーが良い馬に騎乗した時を狙う撃ちにするスタイルで、高確率で馬券を的中させ続けている。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。