『競馬はデータで勝ち切る!函館SS』後藤博

 

今日は函館競馬場で開幕週の絶好な馬場で函館SS 芝 1200Mが行われ、
東京競馬場ではユニコーンS ダート 1600Mが行われます。

今回は開幕して2日目で馬場が絶好な函館SSについてお伝えします。

まず、このレースは昨日1800Mについてお伝えしましたがそれと同様
内枠が圧倒的に有利。

昨年は8枠12番人気のソルヴェイグが勝ち波乱の決着となりましたが
2、3着には内枠の馬が好走しています。

1枠
勝率 14.3% 連対率 28.6% 複勝率 50.0%

2枠
勝率 13.3% 連対率 26.7% 複勝率 26.7%

3枠
勝率 12.5% 連対率 25.0% 複勝率 31.3%

8枠
勝率  5.6% 連対率 11.1% 複勝率 22.2%

内枠と外枠とでは勝率が2倍以上の差があり昨年8枠が来たからと
安易に考えると不的中になってしまいそうな感じもありますが今年
出馬表を見ると8枠に高松宮記念を勝ったセイウンコウセー、その隣に
2歳重賞の函館2歳Sを勝ったブランボヌールが岩田騎手に乗り替わって
参戦していて何とも悩ましいメンバーとなっています。

続いて人気面ですがこのレースに限って複勝率が1番人気から6番人気まで
ほぼ同じ様な結果になっていて上位人気がいかに信用出来ないかという事に
なっていて穴狙いは推奨できるパターンですが、今年はG1馬が参戦して
何より有利なのが斤量で前走ようやくオープンクラスを勝ち上がった3番
キングハートとG1を勝ったセイウンコウセーが同じ56キロとなっていて
これはとてつもなく有利な条件。

セイウンコウセイがこのレースを目標にしているとは思えませんが勝算があるから
出走するのは間違いなく不利な8枠でも実力があまりにも違えばそこも克服してしまう
でしょう。

連馬券を買うなら外の実力馬から内枠の穴馬に狙いを絞るのが賢明かもしれません。

★後藤博 本日の狙い

函館 11R 12 セイウンコウセイ

東京 11R 7 アンティノウス

以上になります。

投稿者プロフィール

後藤博
後藤博
会社の同僚に誘われて2010年の有馬記念で馬券デビュー。馬券は不的中もゴール前の興奮に魅了され競馬の研究に没頭するようになる。その後は大きな馬券を狙い続けて負けてばかりだったが、あることをキッカケに騎手データを重視して馬券を買うようにしたら急激に馬券収支が向上。トップジョッキーが良い馬に騎乗した時を狙う撃ちにするスタイルで、高確率で馬券を的中させ続けている。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。