『競馬はデータで勝ち切る!七夕賞』後藤博

 

今日は福島競馬場で名物の荒れるハンデ戦で有名な七夕賞G3 芝2000Mが
行われます。

何が荒れるかといえば毎年2、3着に2桁人気馬が激走してしまい3連係を
買っている方は頭を悩ますのでしょう。

ただし今年は残念ながら少頭数の12頭立てなので2桁人気は対象が3頭なので
出番はないのかもしれませんが前からお伝えしていますが少頭数は皆さんが思って
いる以上に荒れる傾向にあります(笑)

今年の1番人気はディープ産駒で現在絶好な戸崎騎手騎乗のゼーヴィント。

去年、お伝えしたのですが基本的に福島 芝 2000Mとディープ産駒の
相性は良くなく、昨年アルバートドッグが勝ちましたが過去10年間でディープ産駒
勝ったのはアルバートドッグただ1頭のみ。

1-3-0-7/11

勝率 9.1% 連対率 36.4% 複勝率 36.4%
単勝回収率 53% 複勝回収率 118%

芝の重賞でディープ産駒にしては少々寂しい成績に感じます。

ゼーヴィントは前走まで重賞を3回連続2着と好走しているような気がしますが
前走2着は人気になりやすいが結果が伴っていません。

1-0-1-8/10

勝率 10% 連対率 10% 複勝率 20%
単勝回収率 40% 複勝回収率 34%

必ずしもゼーヴィントがダメとは言いませんがこの条件で1番人気だと
妙味はなくリスクの方が目立ってしまう感じもしますね。

ハンデ戦で気になるのが斤量ですが1番好成績を残しているのは実績馬が
背負う事が多い57キロで最多の5勝を上げていて回収率も数字を残しています。

単勝回収率 125% 複勝回収率 67%

穴を空けているのが52キロ~53キロ

単勝回収率 114% 複勝回収率 198%

勝率、連対率、複勝率ともに数字は良くないので載せていませんが今年は
対象が4頭、この4頭が穴を空けても不思議ではなく注意が必要でしょう。

今年の七夕賞は1番人気、休み明け、前走2着、ディープ産駒のゼーヴィントを
どうするかが勝負の分かれ道になりますが鞍上は絶好な戸崎騎手、案外あっさりと
勝ってしまうかもしれませんね。

今年の七夕賞も例年通り難解なレース、こんな難しいレースに挑むのも競馬の
醍醐味ですね、後はあなたの馬券力を加味して是非とも七夕賞を的中させて
くださいね。

★後藤博 本日の狙い

福島 11R 2 スズカデヴィアス
福島 11R 3 フェルメッツァ
福島 11R 11 マイネルフロスト

以上になります。

 

投稿者プロフィール

後藤博
後藤博
会社の同僚に誘われて2010年の有馬記念で馬券デビュー。馬券は不的中もゴール前の興奮に魅了され競馬の研究に没頭するようになる。その後は大きな馬券を狙い続けて負けてばかりだったが、あることをキッカケに騎手データを重視して馬券を買うようにしたら急激に馬券収支が向上。トップジョッキーが良い馬に騎乗した時を狙う撃ちにするスタイルで、高確率で馬券を的中させ続けている。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。