『函館記念 2017の穴馬探し予想PART2』シベリアン

 

引き続き「函館記念」の
穴馬探しです。

 

PART1では
函館記念の枠のポイントに
ついてお伝えしました。

 

今回は、他の函館記念の
ポイントを記していきます。

 

 

 

【ポイント2】
前走春天組が不振

 

→タイトルどおり。
近10年の当レースの
前走別成績を診てください。

 

目黒記念  3.0.0.8
エプソムC 1.1.1.4
新潟大賞典 1.1.1.1
鳴尾記念  1.0.0.4
天皇賞春  0.1.0.8
巴賞    3.6.4.40

 

このように、前走春天組が
まったくの不振。
前走が3月以前のレース=
いわゆる休み明けの馬も
近5年で好走ゼロですので
「前走からのレース間隔が
空きすぎた馬」はダメ、と
いうことになります。

 

 

 

【ポイント3】
外枠馬が大苦戦

 

→近10年(札幌開催の
2009年は除く)の
当レースの枠別成績を
診てください。

 

1枠 複勝率19% 0.1.2.13
2枠 複勝率44% 3.2.2.9
3枠 複勝率24% 4.0.0.13
4枠 複勝率29% 2.2.1.12
5枠 複勝率18% 0.2.1.14
6枠 複勝率11% 0.1.1.16
7枠 複勝率12% 0.1.1.15
8枠 複勝率 6% 0.0.1.17

 

 

このように「内枠>外枠」の
傾向が極端に現れています。

 

勝っているのは全て4枠から
内の馬。そして6枠から外…
特に8枠の成績が冴えません。

 

じつは、この枠の傾向は
函館記念に限った話では
ありません。すべての
函館芝2000m戦で同様の
傾向が出ているのです。

 

2012年から先週までの
函館2000m戦全レースの
通算枠別成績を診てください。
やはり、6枠から外…特に
8枠馬の成績が冴えません。

 

1枠 複勝率29% 8.5.14.89
2枠 複勝率24% 11.9.12.104
3枠 複勝率26% 12.14.11.108
4枠 複勝率28% 15.12.14.108
5枠 複勝率21% 13.10.10.128
6枠 複勝率20% 10.11.12.133
7枠 複勝率20% 15.14.6.139
8枠 複勝率18% 10.9.12.145

 

 

独特の小回りトラックゆえ
外枠馬が流れなりに走ると
外々を回らされがちなこと、
3・4角が外マクりに適さない
コーナー形状になっていること、
レースの数を使い込まれても
芝コースの内々がなかなか
悪くならないことなど、
外枠馬に不利な条件が多い
ことが、この傾向に繋がって
いるのでしょう。

 

ともあれ傾向が顕著に出て
いますから、函館記念だけでは
なく他の函館芝2000m戦でも
意識しておきたいポイントです。

 

もちろん今回の函館記念でも
枠は十分に考慮したうえで
推奨馬を選定します。

 

 

 

【ポイント4】
牝馬苦戦

 

→札幌開催の2009年を除く
近10年で(0.1.0.7)と
やや苦戦。夏は牝馬が強い、
滞在レースは牝馬に向くなどと
よく言われますが、当レースは
タフな流れになることが多く
牝馬向きの軽い質のレースに
なかなかならない事が、この
傾向を生んでいるのでしょう。

 

 

 

 

以上4点を鑑みた上で、
今年の推奨馬をPART3で
会員様にお伝えします。

 

PART3・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。