『競馬はデータで勝ち切る!函館2歳S』後藤博

 

競馬の方は函館開催が今週で早くもフィナーレを迎えます。

1年間で1度の12日開催だから勝負パターンが来る前に終わってしまう
ケースもあり狙っていた芝1800M戦の内枠には結局絶好馬は出現せず来年に
持ち越しとなってしまいましたが楽しみは取っておくことにします

さて明日は函館開催の今年最後の重賞 函館2歳S G3 芝 1200Mが
行われます。

16頭中12頭が1戦1勝馬で全馬の内容を見ると前走芝1200Mを勝ったのが
11頭で他が1000M戦2頭、ダート戦が3頭。

脚質を見るとやはり小回りコースで短い直線なので圧倒的に逃げ・先行馬が
有利で4コーナを5番手以降だとほとんど馬券に絡んでいません。

前走ですがダートだと0-0-0-11/11
芝でも1000Mだと1-0-1-9/11と厳しい結果になっていて今年人気になりそうで
該当するのが2頭。

5 ベイビーキャズ 前走 芝 1000M
14 モルトアレグロ 前走 ダート 1000M

やはり狙いは前走と同コース

勝率 10.7% 連対率 22.7% 複勝率 28%
単勝回収率 67% 複勝回収率 98%

回収率がよくないという事は人気馬が信用出来ないという事。

同距離で1番人気
勝率 22.2% 連対率 55.6% 複勝率 55.6%
単勝回収率 58% 複勝回収率 72%

連対はするけど勝ち切れないというパターンですね。

人気面を見ると1番人気の成績は正直イマイチでこんなレースでわざわざ
1番人気を軸にする必要はないですが、馬券になっているのは上位5番人気
までが占めていて極端な穴狙いは避けたほうがよさそうです。

函館2歳Sと言うと1番早い2歳重賞、波乱も期待したいところですが
軸は同コースの上位人気に絞る事が出来るでしょう。

連馬券だとやはり小回りの函館コースで紛れは高まり下位人気だと11番人気
まで馬券に絡んでいるので手広くいかないと取りこぼしがあるかもしれませんね。

★後藤博 函館2歳Sの狙い

2 ナンヨープランタン

以上になります。

 

投稿者プロフィール

後藤博
後藤博
会社の同僚に誘われて2010年の有馬記念で馬券デビュー。馬券は不的中もゴール前の興奮に魅了され競馬の研究に没頭するようになる。その後は大きな馬券を狙い続けて負けてばかりだったが、あることをキッカケに騎手データを重視して馬券を買うようにしたら急激に馬券収支が向上。トップジョッキーが良い馬に騎乗した時を狙う撃ちにするスタイルで、高確率で馬券を的中させ続けている。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。