『競馬はデータで勝ち切る!中京記念』後藤博

 

今日は難解で大混戦になっている中京記念 G3 芝 1600M ハンデ戦に
ついてお伝えします。

まぁ混戦ですなー(笑)

ダービー馬 ワンアンドオンリーが出走していますが2014年の神戸新聞杯
以来勝ち星がなく鞍上の横山典弘騎手の提言により今回の出走が実現したとも
一部の報道にありましたが真意の程はわかりませんが個人的には軸にはしたくない。

中京記念は馬場改修によって直線が長くなり坂も出来たので脚質は差し・追い込み
タイプが好成績を残すようになりました。

2012年~2016年 追込み

3-1-2-17/23

勝率 13% 連対率 17.4% 複勝率 26.1%
単勝回収率 147% 複勝回収率 98%

勝率は高くないがG3のハンデ戦で追い込みタイプが過剰人気になる事は
あまりなく逆に追い込みタイプは常にリスクがあるので人気馬は切るか
押さえ程度でよいのでは。

反対に逃げ馬は2012年~2016年で0-0-0-5/5

数は少ないですが苦戦傾向にあり3 ウインガニオンは厳しいかもしれません。

今年の人気馬はMデムーロ騎乗の15 ブラックムーンで脚質が差し、追い込み
タイプですが休み明けの前走を後方2番手から豪快に上がり最速で差し切り見事に
勝ちましたが今回は2走ボケの可能性もあり危険な感じが物凄くしますね、買うなら
前走の6番人気だったのでしょう。

このレースの特徴の1つにリピーター現象があるという事、フラガッパが
2勝、ミッキードリームが2着2回等、今年だと武豊が騎乗するピークトラムが
昨年2着で要警戒ですね。

年齢に関して今年は人気になっている高齢馬は存在していなく基本通り5歳が
中心で6歳馬も要注意でいいはず。

人気面に関してはあなたもご存知の通り上位人気馬がまったく信用出来ないレース、
先程もあげたブラックムーンが人気になっていますが個人的にはもちろん軸には
しませんよ(笑)

中京記念は人気馬が信用出来ない、逃げは厳しい、差し・追い込み脚質有利、
リピーターが発生する事をお伝えしました。

それでも難解なのは確か、個人的には少額で穴狙いローリスク・ハイリターンを
狙ってみようかなと思っています。

★後藤博 中京記念の狙い

6 グランシルク

5 ピークトラム

以上になります。

 

投稿者プロフィール

後藤博
後藤博
会社の同僚に誘われて2010年の有馬記念で馬券デビュー。馬券は不的中もゴール前の興奮に魅了され競馬の研究に没頭するようになる。その後は大きな馬券を狙い続けて負けてばかりだったが、あることをキッカケに騎手データを重視して馬券を買うようにしたら急激に馬券収支が向上。トップジョッキーが良い馬に騎乗した時を狙う撃ちにするスタイルで、高確率で馬券を的中させ続けている。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。