『札幌記念 2017の穴馬探し予想PART2』シベリアン

 

引き続き「札幌記念」の
穴馬探しです。

 

PART1では
札幌記念と函館記念の
「関連性」などについて
お伝えしました。

 

今回は、他の当レースの
ポイントを記していきます。

 

 

 

【ポイント3】
「スタミナ血統の馬」の
好走が非常に多い

 

→スローで流れる年も多い
レースゆえ、スタミナは
さほど要らないようにも
思えますが、当レースで
好走した馬の血統構成を
眺めると「スタミナ色が
かなり濃い組成の馬」
ばかりなのが特徴です。

 

12年1着馬 マンハッタンカフェ産駒
12年2着馬 ダンスインザダーク×ダマスカス系
12年3着馬 マンハッタンカフェ×ラムタラ
14年1着馬
14年2着馬 ステイゴールド×マックイーン
14年3着馬 ドリームセーリングの妹
15年1着馬
15年2着馬 母父グレイソヴリン系
15年3着馬 父グレイソヴリン系
16年1着馬
16年2着馬 母系がメジロの長距離系
16年3着馬 ステイゴールド産駒
(函館開催の13年は除く)

 

 

このように、印象的には
「距離分以上のスタミナ」を
持つ馬が好走しています。
タフな洋芝の2000mにおける
最高格の一戦ということで
見た目の流れや展開以上に
しっかりとしたスタミナが
問われるという事なのかも
しれません。

 

 

 

【ポイント4】
7・8枠の馬が不振

 

→近10年(07年~16年/
函館開催の13年は除く)の
当レースの枠別・全成績を
診てください。

 

1・2枠 (2.1.2.22) 複勝率 19%
3・4枠 (2.5.4.22) 複勝率 33%
5・6枠 (3.2.3.27) 複勝率 23%
7・8枠 (2.1.0.33) 複勝率 8%

 

 

一目瞭然。7・8枠の馬の
極端な低アベレージぶりが
目につきます。

 

「外枠の上位人気馬」も
よく負けます。一昨年に
1番人気で敗れた7枠馬の
ト-ホウジャッカルを
はじめ、マツリダゴッホ、
ジャミール、ミヤビランベリ、
サイレントプライド、
エリモハリア-らの
「上位人気馬」が
7枠8枠で人気を裏切って
馬券圏外へ消えました。

 

札幌の芝コースはソコソコ
捲れるレイアウトですが、
ココはオープンの猛者が
揃ううえに、実力接近&
ハイレベルのG2戦。外から
捲り上がろうとしても
内中の経済コースを進めた
馬の抵抗も強靱で、結局は
枠の差がストレートに結果に
響きやすいのでしょう。
外枠から外を通って捲って
結果を出せるのは一握りの
実力上位馬だけ。外枠から
「枠なり」に外々を回って
きた(力的にさほど突出して
いないレベルの)馬では
苦しいのです。

 

昨年は7・8枠の馬が
ワンツーしたではないかと
言われそうですが、昨年の
1着馬は、枠の有利不利は
関係のない「逃げた馬」。
2着馬は「世界のモ-リス」。
よって、昨年の結果は
特殊と診ておいたほうが
賢明であり、この傾向は
引き続き意識しておくべきと
考えています。

 

 

 

 

以上4点を鑑みた上で、
今年の推奨馬をPART3で
会員様にお伝えします。

 

PART3・穴馬結論編に続きます。

 

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。