『富士Sの穴馬探し予想PART1』シベリアン

 

「富士S」の穴馬探しを
お届けします。

 

富士Sは10月21日(土)に
東京で行われるマイル重賞です。

 

土曜施行のレースですので、
早速このレースのポイントを
お伝えしていきましょう。

 

 

 

【ポイント1】
今年のマイル戦線は
あまり3歳馬を
信用しすぎるべからず?

 

→まずは下記を診てください。

 

関屋記念 13着
京成AH 10着、11着
ポートア 3着、5着、10着、12着
秋風S  4着
毎日王冠 4着、8着、10着

 

 

上記は、今夏以降に
北海道開催以外で行われた
「芝1400~1800mの
オープン・準オープン」に
出走した3歳馬の全成績です。

 

(3歳馬の出走が無かった
レースは表記していません)

 

このように3歳馬の連対が
今年はここまでゼロ。
3歳馬の、上級クラスの
マイル戦線での「苦闘」が
続いています。

 

16日(月)のJRA会見で
「NHKマイルC路線」の
テコ入れが発表されました。
今年のNHKマイルCの
レーティングが111.25と
極めて低く、もしこれが
あと2年続くとG2への
降格対象となる(!)ため、
新たにアーリントンCを
公式トライアルとする
テコ入れ策が、来年から
講じられるとのこと。

 

つまり今年のNHKマイルCは
それほどレースレベルが
低かったワケですが、3歳の
マイル路線の頂点を決める
レースがそんな調子ゆえ、
今年秋以降のマイル路線では
3歳馬が相当苦労するかも…
と診ていました。

 

そして、今のところ案の定の
結果が出ている印象なのです。

 

ただ、これが「洋芝での
1800m戦」では、巴賞・
クイーンCで3歳馬が勝って
おり「結果」が出ています。

 

つまり、純粋なマイルの
スピード勝負よりも、やや
時計の掛かる中距離寄りの
洋芝パワー戦では本領を
発揮できるような「重く鈍い
タイプの馬」が多い世代…と
いう事なのかもしれません。

 

たとえば、昨年は3歳馬が
京成杯AHを勝ちました。
一昨年は3歳馬が関屋記念・
京成杯AHで連続好走して
穴を提供しています。

 

本来なら「秋のマイル」で
馬券的に注目したいのは、
妙味もついてくる3歳馬。

 

しかし、今年はしばらくの
間はあまり信用しない方が
いいかな…と診ています。

 

 

 

【ポイント2】
「逃げた馬」は全滅

 

→近10年の富士Sで
3着以内に好走した30頭の
「脚質」は下記のとおり。
逃げた馬が全く馬券圏に
残れていません。先行・
差しは互角の状況。

 

07年 1着◇ 2着◆ 3着◆
08年 1着◇ 2着◆ 3着◇
09年 1着◆ 2着◆ 3着◆
10年 1着◆ 2着◇ 3着◇
11年 1着◆ 2着◇ 3着◇
12年 1着◆ 2着◆ 3着◆
13年 1着◇ 2着◇ 3着◇
14年 1着◆ 2着◆ 3着◆
15年 1着◆ 2着◆ 3着◇
16年 1着◇ 2着◇ 3着◆

 

□=逃げ(0頭)
◇=先行(13頭)
◆=差し追込(17頭)

 

 

 

【ポイント3】
前走「重賞」から転戦してきた
ローテが望ましい

 

→近10年の富士S出走馬の、
前走履歴別の成績は下記の
とおり。さすがはG1直結の
前哨戦…相応のレベルは
必要ということなのか、
前走「重賞出走/非出走」で
特に勝率に大きな差が生じて
います。

 

重賞出走馬  勝率8% 複勝率21% 8.10.4.84
重賞非出走馬 勝率4% 複勝率15% 2.0.6.45

 

 

 

【ポイント4】
最内枠が不振

 

→近10年の富士S出走馬の
枠別成績は下記のとおり。

 

1枠 勝率 0% 複勝率 6% 0.1.0.17
2枠 勝率16% 複勝率26% 3.1.1.14
3枠 勝率11% 複勝率26% 2.0.3.14
4枠 勝率 0% 複勝率16% 0.3.0.16
5枠 勝率11% 複勝率21% 2.1.1.15
6枠 勝率 0% 複勝率15% 0.1.2.17
7枠 勝率 4% 複勝率25% 1.2.3.18
8枠 勝率 8% 複勝率12% 2.1.0.23

 

 

オーバーペースになる
リスクや揉まれるリスクが
生じるのか、当レースでは
1枠馬がこのように大不振。
「内枠の利」=このレースに
限れば全く存在しません。

 

 

 

以上の4点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

 

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。