『みやこSの穴馬探し予想PART1』シベリアン

 

「みやこS」の穴馬探しを
お届けします。

 

次週末のJRAは
金・土・日曜の3日間開催。

 

みやこSは11/5(日)に
行われるダート重賞です。

 

では早速、みやこSの
ポイントをお伝えしましょう。

 

 

 

【ポイント1】
「休み明け」の馬が
サッパリ走らない

 

→これが、みやこSの
「キモ」です。

 

みやこSが創設されたのが
2010年ですが、創設以降、
過去全7年のみやこSに
『中12週以上』の休明けで
出てきた馬は全部で24頭。

 

その、24頭の全成績を
診て下さい。

 

10年 ワンダ  6着  7番人気 11ケ月ぶり
10年 ダイシ 11着  3番人気 半年ぶり
10年 ナニワ 12着 11番人気 5ケ月半ぶり
11年 ワンダ  4着  2番人気 5ケ月半ぶり
11年 シャア  9着 12番人気 4ケ月ぶり
11年 サクラ 11着 12番人気 中12週
11年 エイシ 14着 13番人気 5ケ月ぶり
11年 ゴルト 15着  3番人気 中15週
12年 ハタノ 10着  2番人気 4ケ月ぶり
12年 オース 13着 10番人気 4ケ月ぶり
12年 サンラ 14着 13番人気 4ケ月ぶり
12年 ヒラボ 16着  9番人気 5ケ月半ぶり
13年 ローマ  3着  1番人気 4ケ月ぶり
13年 タイム  8着  9番人気 中13週
13年 オーブ 11着 15番人気 5ケ月ぶり
13年 サトノ 14着 14番人気 中12週
14年 ニホン  7着  3番人気 4ケ月半ぶり
14年 ブライ  8着  7番人気 3ケ月半ぶり
15年 ローマ  3着  4番人気 5ケ月半ぶり
15年 アスカ  4着  8番人気 5ケ月半ぶり
15年 マイネ  9着 10番人気 5ケ月半ぶり
16年 グレン  2着  1番人気 中12週
16年 インカ  8着  9番人気 9ケ月半ぶり
16年 マイネ 11着 13番人気 5ケ月半ぶり

 

 

上記24頭の成績の合計は
なんと(0.1.2.21)。

 

しかも1・2・3番人気が
7頭も含まれているのに、
このヒドさ。とにかく
「休み明けの馬があまり
走らない」のです。

 

昨年も、1番人気の
グレンツェントが2着に
甘んじています。

 

ダートのオープン戦線は
12月から3月までの短期間に
GIが目白押し。その4ケ月の
間に3つ以上のGI戦に出る
馬も珍しくありません。

 

ですので、ダートの場合は
(芝のオープン等と比べて)
みやこSなどの各前哨戦に
相当な余裕残しで出走して
くるケースが多いのです。
休み明けの馬が、前哨戦の
当レースで極端に苦戦して
いる最大の要因はコレです。

 

さらに、ダート馬は芝馬に
比べて「休み明けを叩いて
少しずつ良くなるタイプ」が
多いことも、この現象を
助長している面があるかも
しれません。

 

ともあれこれほど休み明けの
馬が走っていませんから、
私の理屈はともかくとして
休み明けの馬の評価は
一枚割り引きたい。それが
たとえ人気馬でもです。

 

 

 

【ポイント2】
外枠に入ると苦しい

 

→小回りのトラック形態で
しかもスタートして間もなく
カーブを迎えますから
極端な外枠の馬はどうしても
序盤の追走が苦しくなりがち。

 

近10年の当レースの
枠別成績を診てください。
このように「1~4枠」と
「5~8枠」で、複勝率が
極端に異なっています。

 

1枠  複勝率23% 2.0.1.10
2枠  複勝率38% 2.2.1.8
3枠  複勝率38% 1.2.2.8
4枠  複勝率23% 0.2.1.10
————————
5枠  複勝率15% 1.0.1.11
6枠  複勝率 8% 0.1.0.12
7枠  複勝率14% 1.0.1.12
8枠  複勝率 0% 0.0.0.14

 

 

 

【ポイント3】
ダート重賞なのに
「若い馬」が強い

 

→「活躍期間」が長い
ダートの、特にオープンや
重賞戦線は高齢馬がよく
活躍する分野ですが
このレースは高齢馬が
低調。3・4歳馬の成績が
優秀です。

 

3歳  複勝率33% 0.3.1.8
4歳  複勝率31% 6.2.1.20
5歳  複勝率14% 0.2.4.36
6歳  複勝率 6% 1.0.0.15
7歳上 複勝率14% 0.0.1.6

 

 

前述したように、この
レースは「先々を見据えた
休み明けの馬」があまり
走りませんが、高齢馬ほど
鉄砲で走れなくなる馬が
多いですし、みやこSに
参戦してくる3・4歳馬=
大レース参戦への賞金が
現時点で足りていない馬が
多いですから「本気度」でも
高齢馬を上回っている場合が
多いのでしよう。

 

 

 

【ポイント4】
昇級初戦の馬は苦しい

 

→休明けの馬が走らないとは
いえ、メンバーの粒は揃う
当レース。前走で条件戦を
走っていたいわゆる格下の
馬は近10年(0.1.0.11)と
ほぼ通用していません。
昇級初戦の馬でも苦しい、
ということになります。

 

 

 

以上4点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

 

PART2・穴馬結論編に続きます。

 

 

 

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。