『福島民友Cの穴馬探し予想PART1』シベリアン

「福島民友C」の
穴馬探しをお届けします。

 

福島民友Cは、日曜に
福島でメーンとして
行われる、ダート1700mの
オープン特別です。

 

普段から週末に行われる
平地3重賞の展望を
お届けしている当欄ですが、
平地3重賞が施行されない週は
さらに別レースも取り上げて
展望をお届けしています。

 

次週末に行われる平地重賞は
東京スポーツ杯2歳S、
マイルCSの2クラのみ。

 

そこで今週は、
日曜福島メーン・
福島民友Cの展望も
お伝えします。

 

福島民友Cは、以前は
芝1200m戦として
行われていましたが
2015年からは、秋の
福島開催の「オープンの
ダート1700m戦」に
衣替えしています。

 

(2014年までは
秋の福島でオープンの
ダート戦は行われて
いませんでした)

 

まだ2年しか行われていない
秋の福島ダートオープンの
当レースですが、すでに
3点ほど「傾向」が現れて
いますので、お伝えする
ことにしましょう。

 

 

 

【ポイント1】
マクリ・差しが
効きやすいレース

 

→福島ダート1700mは、
上級クラスになるほど
テンのスピードが上がり、
またペースアップする
地点も早くなりますので
レースの質が一気にタフに
なります。3~4角からは
消耗戦の様相。中位以降で
構えていた馬のマクリ・
差しが、かなり効きます。

 

当レースは、2年前に
新設されたばかりですが
これまでには無かった
「福島ダート1700mの
オープン」ですから、
多数行われている条件戦での
福島ダート1700m戦よりも
はるかにレース質は「タフ」。

 

マクリ・差しがいっそう
効きやすくなる…という
ことで、ここ2年の
当レースの好走馬も下記の
ように、マクリ・差しに
構えていた馬が大半です。

 

少なくとも、当レースを
予想するにあたっては
「小回りのダートだから
先行有利」のイメージは
捨てておいたほうが
賢明でしょう。

 

[近2年の当レースで
 掲示板に好走した10頭の
 2角-3角-4角通過順]

 

15年1着馬 9-8-5
15年2着馬 4-5-5
15年3着馬 2-1-1
15年4着馬 14-14-13
15年5着馬 10-10-9
16年1着馬 15-14-11
16年2着馬 6-6-4
16年3着馬 13-6-7
16年4着馬 9-10-11
16年5着馬 7-6-7

 

 

 

【ポイント2】
小回りダート1700mの
スペシャリストを狙え

 

→近2年の当レースで、
3着以内に好走した6頭の
大半の馬が、下記のように
小回りローカル場での
ダート1700mですでに
馬券圏に好走した実績の
ある馬ばかりでした。

 

[近2年の当レースで
 3着以内に好走した6頭の、
  それまでの
 ダート1700m戦成績]

 

15年1着馬 1.0.1.0
15年2着馬 1.2.0.0
15年3着馬 0.0.0.0
16年1着馬 0.1.0.2
16年2着馬 1.1.0.0
16年3着馬 0.2.0.0

 

 

上記6頭の着度数の合計は
なんと(3.6.1.2)。
つまり近2年の当レースは
『小回りローカル場の
ダート1700m戦の
スペシャリスト』ばかりが
馬券に絡んでいる、とも
いえるワケです。要注目。

 

 

 

【ポイント3】
ヴァイスリージェント系の
馬を狙え

 

→近2年の当レースで
3着以内に好走した6頭の
うち3頭が、父or母父が
ヴァイスリージェント系の
馬でした。前述したように
パワーが存分に必要となる
レースですから、まさに
ダート的なパワーが満載の
ヴァイスリージェント系の
血が活きやすいのでしょう。

 

15年1着馬
15年2着馬
15年3着馬 母父ヴァイスリージェント系
16年1着馬
16年2着馬 父ヴァイスリージェント系
16年3着馬 父ヴァイスリージェント系

 

 

 

以上3点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

 

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。