『競馬はデータで勝ち切る!ジャパンC展望』後藤博

先週はマイルCSが行われご存知の通りMデムーロ騎乗の大外18
ペルシアンナイトが激戦を制して勝利し、私が本命にしたR.ムーア騎乗の
エアスピネルは2着とこちらは思惑通りになってくれました。

3歳馬は過去10年間で1勝も出来なかったデータを今年の3歳馬
それを覆し1着、3着、4着と掲示板を3頭が占める結果になり今年の
3歳馬はレベルが高かったのでしょう。

それにしてもMデムーロの勝負強さには脱帽で今後は更にデムーロ
過剰人気になる可能性が強まり重賞以外では慎重な見極めが必要になる
でしょう。

個人馬券は11の馬単2着付けと三連複が的中して秋のG1は5勝目、
残りを全敗しても勝ち越しが決定して一安心ですが気を抜く事なく
残りのG1 6レースを全力で勝ちに行きたいですね。

今週は東京競馬場でジャパンカップ 芝 2400Mがありますが1番人気は
キタサンブラックで間違いないでしょう。

キタサンブラックは連覇が掛かっていますが個人的には可能性はかなり高いと
思っています。

理由はキタサンブラックがベストパフォーマンスをしているのが間違いなく
根幹距離 (1200M・1600M・2000M・2400M・3200M)で今回のジャパンカップも
2400Mの根幹距離で苦手にしている非根幹距離(2200M・2500M)は昨年の宝塚記念、
有馬記念、今年の宝塚記念を惜敗していて12月24日クリスマスイヴに行われる
有馬記念は大いに疑って掛かるつもりです。

ジャパンカップは基本的に4歳馬と斤量面が有利な3歳牝馬が好成績を
残しています。

3最牝馬 53キロ
ソウルスターリング

4歳馬
シャケトラ
マカヒキ
レインボーライン

宝塚記念を制し天皇賞2着ともう1頭の有力馬サトノクラウンですがこの馬は
完全に重巧者の印象が強く日曜日に雨が降ればまた人気になりそうで良馬場では
評価が落ちそうですが日本ダービー3着、2400Mの香港ヴァーズでは良馬場で
1着と成績は残していて当日キタサンブラックが過剰人気になった場合は配当面に
妙味が出るかもしれませんね。

今週で今年の東京開催も終了、「終わり良ければすべて良し」と言う言葉が
ありますが、それは馬券収支でも同じ事。

今週も風邪などに負けず頑張っていきましょう。

以上になります。

投稿者プロフィール

後藤博
後藤博
会社の同僚に誘われて2010年の有馬記念で馬券デビュー。馬券は不的中もゴール前の興奮に魅了され競馬の研究に没頭するようになる。その後は大きな馬券を狙い続けて負けてばかりだったが、あることをキッカケに騎手データを重視して馬券を買うようにしたら急激に馬券収支が向上。トップジョッキーが良い馬に騎乗した時を狙う撃ちにするスタイルで、高確率で馬券を的中させ続けている。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。