『チャンピオンズCの穴馬探し予想PART1』シベリアン

「チャンピオンズC」の
穴馬探しをお届けします。

次週末からは、師走の
中京・中山・阪神競馬が開幕。

チャンピオンズCは
12/3(日)に中京で
行われるダートG1です。

昨年は、6番人気1着の
サウンドトゥルーを
単独推奨馬として
会員様にお伝えしました。

昨年にお伝えした
考察ポイントが、結果的に
間違っていなかったことに
なりますので、昨年に記した
ポイントもなるべく引き続き
用いつつ、話を進めます。

では、当レースの
ポイントをお伝えしましょう。

【ポイント1】
「JBC経由組」が
格好の狙い目か

→この項目については、
施行距離が現行の1800mに
移行した近9年のデータから
お伝えします。

その9年間の、前走別の
成績を診てください。

マイルCS南部杯 複勝率20%  1.0.0.4
JBCクラシック 複勝率30%  3.4.4.26
JBCレディスC 複勝率33%  1.0.0.2
みやこS     複勝率21%  2.2.3.27
武蔵野S     複勝率15%  2.2.0.23

注目すべき点は、直前で
地方交流G1のJBCを使って
きた馬のほうが、直前で
中央G3を使ってきた馬を
アベレージで上回っている
ことです。

そもそもダートのA級馬は
11月の時期には、まず
JBC出走を目指します。

しかし収得賞金不足などで
それが叶わない馬は
みやこS・武蔵野Sなどの
中央G3を目指します。

ですので、必然的に
「JBCに出走している
JRA馬のレベル>
みやこS・武蔵野Sなどに
出走している馬のレベル」と
いうことになりますから、
このアベレージも必然、と
いうことなのでしょう。

実際にここ7年、毎年必ず
最低1頭は、前走JBC組が
馬券に絡んでいます(計9頭)。
昨年はワンツー。

しかも、9頭の人気順が
11・1・3・6・1・2・12・
5・6・1と「妙味十分」。

前走がG1出走といっても
「所詮は地方所属馬が数多く
出走している低レベルの
交流G1。だからその履歴は
あまりアテにできない」と
思っている人も多いため
このような妙味が発生して
いるのでしょうが、じつは
穴党が狙うのに十分な妙味も
持ち合わせている「狙える
ステップ」なのです。

今年も、まずはJBC組に
注視したいと考えています。

次項PART2では、その他の
ポイントについて記します。

PART2に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。