『中日新聞杯の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「中日新聞杯」の
穴馬探しをお届けします。

中日新聞杯は、土曜に
中京芝2000mで行われる
ハンデのG3重賞です。

昨年まで、冬の中京では
別定G2金鯱賞が開幕週に
行われ、暮れの有馬記念への
最終ステップの趣を呈して
いましたが、今年からその
役割は阪神チャレンジCに
移され、金鯱賞は春へ移動。

かわってハンデG3の
中日新聞杯が、今年から
この週に移ってきました。

そのように、各レースの
施行スケジュールが
今年から変わりましたので、
昨年までの中日新聞杯・
金鯱賞・チャレンジCの
データなどを用いて
当レースの参考材料とする
ことはできません。

そこで今回は、これまで
当欄で何度か記したことも
ある「中京芝2000m戦で
効果的な狙い方」について
改めてお伝えすることに
します。

中京芝2000m戦の特徴。
それは「先行力と上がり脚の
バランスに長けた馬」が強い
こと。どちらかに極端に偏った
馬ではダメです。

中京芝2000m戦=道中は
スローで流れたうえで、
直線で一斉によーいドンする
いわゆる上がり勝負が常。

しかし、トラック形態から
道中の馬群の「前後幅」は
あまり団子になりません。
ややタテ長になる事が多い。

それでいて、直線では
全馬一斉によーいドンします。

つまり、馬群の前後幅が
長めの状態から、各馬が
(道中がスローゆえ)
余力十分の状態で一斉に
同じくらいの速さの脚で
上がってくるレースに
なるワケです。ちょっと
極端な言い方をすれば、
直線での追い抜きシーンが
他コースや他距離に比べて
少ないというコト。

よって、好位につけたうえで
ソコソコの速さの上がり脚で
上がっておけば、いくら
他の馬が後方から矢のような
速さで飛んできてもなかなか
追い付かれません。

ただ、余力十分の状態からの
一斉よーいドンですから、
先行はしたものの直線で速い
上がり脚が使えず、惰性で
粘りこむだけの単調な競馬では
さすがに捕まります。

ということで、ソコソコの
先行力と、ソコソコの速さの
上がり脚を「バランス」よく
備えた馬が有利なのです。

近況レースでソコソコ前の
ポジションをとったうえで、
上がり脚が出走馬中で上位
(最速でなくてOK)の馬を
狙えば、正解にたどり着ける
ケースが多い。

今回の中日新聞杯に限らず、
中京の芝2000m戦では
ぜひこの点を、予想時に
参考にしてみてください。

以上の点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。