『ターコイズSの穴馬探し予想PART1』シベリアン

「ターコイズS」の
穴馬探しをお届けします。

ターコイズSは
16日(土)に中山で
行われる古牝馬重賞です。

2015年から「重賞」に
格上げされた当レースですが、
オープン特別で行われていた
2014年までとは、出走馬の
レベルもレースの性質も
違いますから、2014年以前の
当レースの各データを
検討材料に用いることは
さすがにできません。

とはいえ、重賞格上げ後の
わずか2年のレース結果から
当レースの傾向を論じるのも
さすがに無理があります。

そこで今回は、当レースの
舞台である「中山マイル」の
2つの大切な傾向について、
おさらいの意味も込めて
改めて確認する事にしたいと
思います。

中山開催は来春まで続きます。
今回のターコイズSだけでは
なく、普段のレースから
下記を意識して頂ければと
思います。

【中山マイルで大切なポイント1】
決して「内枠有利」ではない!

→中山マイルはスタート後、
すぐにカープして本線へ
強引に合流するレイアウト。

ですので「内枠が有利、
外枠が断然不利」と
よく言われます。

4年前までは中山マイルで
朝日杯が行われていましたから、
今の季節になると、この話題が
よく聞かれたものです。

では、実際に中山マイルは
どれほど内枠有利で、
どれほど外枠不利なのか?
データで診てください。

ここ6年の中山マイル戦の、
全レース通算の「枠別」の
勝率、複勝率です。

1枠 勝率6% 複勝率19%  34.33.37.444
2枠 勝率7% 複勝率24%  43.51.46.442
3枠 勝率7% 複勝率21%  44.50.32.475
4枠 勝率8% 複勝率24%  50.44.53.477
5枠 勝率6% 複勝率19%  40.39.43.530
6枠 勝率7% 複勝率20%  45.39.45.534
7枠 勝率7% 複勝率20%  47.43.42.539
8枠 勝率6% 複勝率19%  39.45.43.546

※今年は12/3終了時点まで

母数が多いデータゆえ
「少しの数字の違い」も
意味を持つと思いますが、
たしかに複勝率で診ると
4枠より内枠の数字が高め。

ただ、注目すべきは
内枠は内枠でも1枠馬の
成績が低い点でしょう。
勝率も複勝率も、全枠で
ワーストタイなのです。

中山マイル=最内1枠から
ポンとゲートを出て
そのまま先手を取って
押し切りやすい。

そんなイメージを抱く
ファンの方も多いでしょうが、
ゴスホークケン(07年の
朝日杯で1番枠からポンと
出て逃げきり勝ち)のような
走りができる馬は、じつは
「ほんの一握り」。

ポンとゲートを出なかった馬、
最初から差し構えの馬の場合、
1枠だと外側(=自らの左側)
から、次々に馬に「前」に
入られますから進路がモロに
カットされ、モマれる形に
なります。

ですので差しタイプの馬や
モマれたくない気性の牝馬、
気性難の馬などが1枠に
入ると、中山マイルでは
逆にネガティブファクターと
なるワケです。

とはいえ7・8枠あたりでは
さすがに「コースロス」の
不利があるため、そんな
コースロスの不利が少なく
揉まれるリスクも少ない
2・3・4枠辺あたりの馬が
良績を収めています。

馬のタイプにもよりますが、
最内枠に入った馬については
その馬の「タイプ」を見極め、
アドバンテージとできるか
逆にネガティブファクターに
なるかを、しっかり診断して
取捨選択したいところです。

【中山マイルで大切なポイント2】
ダイワメジャー産駒が不振

→中山マイルはテンから
ペースがさほど緩まない
ことが多いタフなコース。
好走するにはスタミナと
パワーが必要…と何度も
当欄で記していますが、
血統的には分かりやすい
傾向が現れています。

スタミナとパワーに
長けた仔が非常に多い
ハービンジャー産駒が、
やたら走っているのです。

ここ3年の中山マイル戦の
「主要種牡馬別」複勝率を診て
ください。ハービンジャーの
数字が少し抜けています。

ハービンジャー   複勝率37% 7.9.7.39
ディープインパクト 複勝率31% 20.18.16.118
キングカメハメハ  複勝率33% 10.17.8.70
ダイワメジャー   複勝率22% 10.9.14.115
ステイゴールド   複勝率25% 10.9.7.77

※今年は12/3終了時点まで

しかし、ダイワメジャーは
上記のように不振です。
ダイワメジャーはスタミナに
乏しく、ハービンジャーは
逆にスタミナを豊富に有する
種牡馬ゆえ、要スタミナの
中山マイルではダイワメジャー<
ハービンジャー、という
ことなのでしょう。

以上2点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。