『朝日杯FSの穴馬探し予想PART1』シベリアン

「朝日杯FS」の穴馬探しを
お届けします。

朝日杯FSは12/17(日)に
阪神のマイルで行われる、
2歳G1です。

さて、今年から12月28日の
「原則固定開催」として、
2歳G1のホープフルSが
行われます(中山2000m)。

2014年に、朝日杯FSの
施行場が「中山→阪神」に
移行した件をきっかけに、
さらに様々な大人の事情が
絡み『年末の仕事収め日に
中山でG1を開催』という
悲劇が生まれましたが(笑)
今年の年末の2歳牡馬=
ホープフルSへ向かう
素質馬が増える→朝日杯へ
向かう素質馬が減る、と
いう事にもなるでしょう。

来年のクラシック本番を
強く意識する馬、中距離に
ハッキリ適性がある馬は
ホープフルSへ向かう
傾向がいっそう強まるハズ。

「トリッキーな中山マイルを
嫌う馬にも参加してもらう」
ことが目的だった、朝日杯の
フェアな阪神コースへの移行も、
今となっては虚しく感じます。

今年からの朝日杯は完成度の
高い早熟マイラーがハバを
利かす、以前の朝日杯の
傾向が一層強く出ることに
なるのではないでしょうか。

とりあえず、今回も
いつも通りに「過去の
レース傾向」をお伝えする
ことにしますが、重賞の
安売り現象といい何とも
心配になる今後の2歳馬の
番組編成です。

それにしても、繰り返しに
なりますが12/28(木)に
G1開催…。実際に開催日が
近づくと、何ともいえない
虚しさを感じます。JRAの
皆さんも「忸怩たる思い」
と聞きますが…。

【ポイント1】
穴は前走「デイリー杯」組か
前走「京王杯2歳S杯」組が
つれてくるレースだが…

→阪神に施行場が移った
2014年以降、昨年までの
3年間すべてで「前走で
デイリー杯2歳Sを走って
きた馬」が馬券に絡んで
います。

14年2着 アルマワ 14番人気  前走デイリー杯で4着
15年2着 エアスピ 1番人気  前走デイリー杯で1着
16年3着 ボンセル 12番人気  前走デイリー杯で2着

しかも、超穴馬が2頭も
快走しています。
近年のデイリー杯2歳S=
メンバーやレース自体の
レベルがさほど高くなく、
ペースも厳しくない事が
多いですが、それよりも
前走で「右回りのゆったり
流れるマイル」で、しかも
最後の長い直線で末脚を
伸ばすレースを走ってきた
こと自体が(道中ペ-スに
関わらず速い末脚が必要な)
朝日杯へのいい予行演習と
なっている面があるのかも
しれません。

また京王杯2歳Sを使って
きた馬も、近2年続けて
穴馬が好走中。

15年3着 シャドウ 11番人気  前走京王杯2歳Sで3着
16年2着 モンドキ 7番人気  前走京王杯2歳Sで1着

京王杯も近年は前半スロー。
最後の長い直線で上がりだけを
競うレースになっているため、
朝日杯のいい予行演習となって
いるのでしょうか。

ただ今年は、京王杯2歳Sが
超スローからの上がり勝負に
なったのに対しデイリー杯は
珍しく平均的に流れました。
この点をどう読むか。
ポイントになると診ます。

次項PART2では、その他の
ポイントについて記します。

PART2に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。