『阪神カップの穴馬探し予想PART1』シベリアン

「阪神カップ」の
穴馬探しをお届けします。

阪神カップは、土曜に
阪神で行われる
芝1400mのG2レース。

早速、阪神カップの
ポイントをお伝えしましょう。

なお、阪神カップでは
会員様にお伝えした
推奨馬が、下記のように
6年のうち5年で連対。

2011年 サンカルロ    (1着/4番人気)
2012年 ガルボ      (2着/14番人気)
2013年 ガルボ      (2着/10番人気)
2014年 リアルインパクト (1着/8番人気)
2015年 ダンスディレクター(2着/5番人気)
2016年 グランシルク   (7着/3番人気)

つまり、当欄の予想法が
(阪神カップについては)
間違っていないという事が
言えると思いますので、
近年用いてきた予想法を
今年も引き続き使いつつ、
かつ昨年の反省もしっかり
施しながら、話を進めて
いきます。

【ポイント1】
外枠馬が強い

→「内枠が強いレース」は
最近は特に多いですが、
阪神カップは真逆。外枠の
馬の強さが目につきます。

過去10年の阪神カップの
枠別成績を診てください。

1・2枠 複勝率 18% 3.1.3.33
3~6枠 複勝率 8% 2.2.2.73
7・8枠 複勝率 30% 5.8.4.39

一昨年は7枠馬・8枠馬の
ワンツー。昨年は1枠の
シュウジが勝ちましたが
8枠フィエロが3着に好走。
阪神カップは7・8枠の
馬が本当によく走ります。

タイトな内回り、しかも
短距離でハイペースの流れ。
かつ、常に多頭数ですから
馬群は混み合い、特に進路の
内と中はゴチャゴチャと
混み合いがちです。また
この時期の阪神の芝は内が
荒れています。

そのため「芝が荒れている
内目で揉まれる」とけっこう
キツく、むしろコースロスを
承知でも「揉まれず馬群の
外側を走ること」じたいが
貴重なアドバンテージに
なっている印象なのです。

ともあれ、阪神カップでは
「外枠だから買いづらい」と
思う必要は一切ありません。

但し(これは昨年の反省に
なるのですが)外枠から
外を進めて「前に壁がない
状態」になった時に掛かる
リスクを抱えている馬は、
外枠がアドバンテージには
なりません。要注意です。

【ポイント2】
「パワー血統」を狙いたい

→馬力だけなら200点満点の
配合型だったサンカルロが
当レースで3度好走したのが
象徴的ですが、当レースでは
「パワーに満ちた血統」の
馬の好走が目につきます。

近5年の好走馬の父・母父の
名を書き並べてみますと、
まさに「パワー天国」の趣。
シンボリクリスエス、
ダンスインザダーク、
クラフティプロスペクタ-、
ジェネラス、メドウレイク、
ダンシングブレ-ヴ、
アルデバラン2、そして
ダイワメジャー…etc

もともと阪神芝1400m=
淀みなく流れることが多い
タフな舞台ですが当レースは
そんな舞台における最高格の
レースゆえ、なおさらタフ。
しかも馬場は荒れています。
馬力が存分に必要ですので
血統面からすでにパワーが
備わっている馬のほうが
好走しやすいのでしょう。

父系のパワー度が高い馬は
もちろん、グレイソヴリンや
ニジンスキーといった強烈な
パワー要素を母系に含む馬の
好走も多く目につきますし、
アルデバランなどダート的な
馬力を備えている馬の好走も
少なくありません。

ともあれ、パワー要素を
血統表から強く感じるか
否かを重視したい一戦です。

【ポイント3】
関東馬が強い

→関西で行われる重賞では
非常に珍しい傾向ですが
阪神カップは「関東馬」が
強い傾向が続いています。
近10年の東西別・成績は
下記の通りです。

関東 複勝率27% 7.7.2.43
関西 複勝率12% 3.4.7.102

【ポイント4】
牝馬が弱い

→いつも当欄で「基本的に
短距離のレースは牝馬が
牡馬相手に互角に走れる
ジャンル」と記していますが
阪神カップは例外。牝馬が
あまり好走できません。
過去11年通算(0.1.1.24)と
大苦戦。

前述したように当レースは
馬力・体力が存分に必要な
非常にタフなレースですので、
(瞬発力・スピードは長けて
いても)基礎体力やパワーで
劣る牝馬は苦戦しがち…と
いうことなのでしょう。

以上4点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。