『中山金杯の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「中山金杯」の穴馬探しを
お届けします。

中山金杯は1月6日(土)に
中山の芝2000mで行われる
G3ハンデ重賞です。

早速、中山金杯の
ポイントをお伝えしましょう。

【ポイント1】
「ハンデの重い馬」が
よく好走するレース

→新年1発目のハンデ重賞。
おとそ気分も手伝って(?)
ちょっと気が大きくなって
「今回は軽ハンデの穴馬で
大きな初夢を狙うか!」と
イレ込むファンの方も多いと
思いますが…。

じつは、中山金杯はハンデが
重い馬ほどよく好走し、逆に
ハンデが軽い馬ほどあまり
好走しない傾向があります。
おとそはソコソコに、冷静に
買いたいところです(笑)。

近10年の斤量別アベレージを
診てください。

57.5キロ以上  3.2.2.11 複勝率39%
56~57キロ  6.5.3.41 複勝率31%
54~55キロ  1.3.5.44 複勝率17%
53.5キロ以下  0.0.0.29 複勝率 0%

一目瞭然。このように
キレイに「重ハンデ馬>
軽ハンデ馬」の複勝率と
なっています。

軽量馬は大苦戦。
53.5キロ以下の馬は
近10年で、なんと1頭も
馬券に絡んでいません。

近年の当レースでは、
強い馬に対しても極端に
重いハンデが課せられない
傾向。そのため「やや重い
程度のハンデ」で済んだ
実力上位馬が、そのまま
実力どおり好走する事が
多く、なかなか大荒れに
至らないのです。

【ポイント2】
わざわざ関西から
やってくる「遠征馬」に
要注目

→当レースの大きなキモ。
近10年の所属別・成績を
診てください。

関西馬 6.3.6.41 複勝率27%
関東馬 4.7.4.84 複勝率15%

このようにダブルスコア。
関西からの「遠征馬」の
成績が、非常に優秀です。

関西では同日にマイルの
京都金杯も行われますが、
距離や(弱い関東馬が数多く
出走する)相手関係などを
吟味したうえで、わざわざ
中山金杯に遠征してくる
関西馬=勝負気配が高い、
ということなのでしょう。

しかも、金杯は正月明けの
レースですから調教的にも
輸送的にも「難しい事情」が
絡むレース。普段以上に
アウェー場へ遠征しづらい
条件が揃っています。
にもかかわらず中山金杯へ
遠征する関西馬=やる気大と
診るほうがいいのです。

昨年は関西馬3頭が珍しく
馬券に絡めませんでしたが、
ならばなおさら、今年は
関西馬が…とも思います。

【ポイント3】
牝馬は苦戦

→近10年(0.0.0.10)。
タフな性質のレースらしく
牝馬は苦戦しています。

【ポイント4】
「前走GI出走」の人気馬は
嫌って妙味アリ

→中山金杯は「前走でGIに
出走していた馬」が、よく
圏外に消えるレースです。

2010年以降の中山金杯で
『前走がGIだった馬』は
下記12頭がいましたが
未勝利の(0.2.1.9)。
「GIに出走した格上馬」と
しては寂しい成績です。

10年ホッコ- 12着 10番人気 前走/秋天
11年キョウエ 2着 11番人気 前走/マイルCS
11年アブソリ 14着  9番人気 前走/マイルCS
12年アクシオ 13着 11番人気 前走/秋天
13年ジャスタ 3着  1番人気 前走/秋天
14年ケイアイ 5着  3番人気 前走/菊花賞
14年レインス 10着 11番人気 前走/秋天
15年ロゴタイ 2着  1番人気 前走/マイルCS
15年マイネル 6着  8番人気 前走/菊花賞
15年アンコイ 13着 14番人気 前走/JC
15年ラブイズ 14着  3番人気 前走/秋天
16年ブライト 6着  2番人気 前走/菊花賞

しかも上記12頭の中で
「上位3番人気以内」の馬が
5頭いましたが、その成績は
3・5・2・14・6着と散々。

つまり「前走GI出走」の
人気馬=嫌って妙味アリ、
ということなのです。

前走GI出走=前走で「秋の
目イチ勝負」を終えてきたと
いうこと。ゆえにここでは
余力に乏しかったり体調が
ピークでない場合が多く苦しい、
ということなのでしょう。

以上4点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。