『シンザン記念の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「シンザン記念」の
穴馬探しをお届けします。

シンザン記念は
1月8日(月・祝)に
京都のマイルで行われる、
3歳牡馬にとって
年明け最初の重賞です。

早速、シンザン記念の
ポイントをお伝えしましょう。

【ポイント1】
基本的には
やはり内枠有利&先行有利

→京都金杯の項でも
触れましたが、1月の
京都開幕週&第2週に
行われる芝レース(特に
マイル以下)は、内目が
良い馬場の影響で内枠馬、
先行できる馬が有利です。

このシンザン記念でも
その傾向が顕著に現れて
います。

近10年の、当レースの
「馬番別・成績」を診て
ください。

1~3番   複勝率27% 2.4.2.22
4~6番   複勝率28% 3.1.4.21
7~9番   複勝率25% 4.2.1.21
10~12番  複勝率17% 1.2.2.25
13番から外 複勝率 6% 0.1.1.29

このように「13番枠より
外枠」の馬は壊滅状態。
また、9番から内の枠と
10番から外の枠で
アベレージが大きく違う
ことが、お分り頂けると
思います。

枠順が決まるまでは
本命馬も推奨馬も
馬券の軸馬も決められない
レース、と言えます。

【ポイント2】
毎年「逃げた馬」が
けっこう頑張るレース

→上記【ポイント1】と
関連した内容になりますが、
当レースで毎年、頑張って
いるのは「逃げた馬」。

2010年以降の当レースで
「逃げた馬」の成績を診て
ください。

10年2着 シャイン       9番人気
11年12着 シゲルソウサイ   4番人気
12年5着 シゲルアセロラ    6番人気
13年1着 エーシントップ    1番人気
14年1着 ミッキーアイル    1番人気
15年5着 レンイングランド   4番人気
16年3着 シゲルノコギリザメ 11番人気
17年9着 メイショウソウビ   9番人気

8頭中、半数の4頭が
馬券圏3着以内に好走。
8頭中6頭が掲示板確保。
こんな重賞は、なかなか
ありません。
【ポイント1】で紹介した
前有利の馬場状況の証とも
言えましょう。

シンザン記念=逃げそうな
馬を狙ってもいいレースです。

【ポイント3】
京都での好走実績に注目

→近5年の当レースで
馬券に絡んだ15頭のうち
10頭が、すでに京都で
馬券に絡んだ実績を持って
いた馬でした。

13年1着馬
13年2着馬 ○
13年3着馬 ◎
14年1着馬 ◎
14年2着馬
14年3着馬 ◎
15年1着馬 △
15年2着馬 ◎
15年3着馬 △
16年1着馬 ◎
16年2着馬 ◎
16年3着馬
17年1着馬
17年2着馬 ◎
17年3着馬

◎印=すでに京都で勝った実績あり
○印=すでに京都で連対した実績あり
△印=すでに京都で3着に入った実績あり

つまり、毎年馬券に絡む
3頭のうち2頭は京都実績を
すでに持つ馬、ということ。

キャリアが浅く成績的にも
ドングリの背比べ的な馬で
競い合うレースですから
舞台適性をすでに証明して
いる馬のアドバンテージは
決して小さくない、という
ことなのでしょう。

【ポイント4】
前走「マイル」出走がベスト

→近10年の当レースの
前走距離別成績は、下記の
とおり。今回と同距離の
「マイル」に出走してきた
馬の成績がベスト。
1200mを使ってきた馬は
さすがに苦戦しています。

1200m 複勝率 8%  0.1.1.23
1400m 複勝率19%  1.1.3.21
1600m 複勝率25%  8.6.5.57
1800m 複勝率20%  1.2.0.12
2000m 複勝率11%  0.0.1.8

以上4点も鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。