『きさらぎ賞の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「きさらぎ賞」の穴馬探しを
お届けします。

きさらぎ賞は、日曜に
京都芝1800mで行われる
3歳馬のG3重賞です。

早速、きさらぎ賞で
チェックすべきポイントを
お伝えしましょう。

【ポイント1】
ディープ強し

→当レースの最大の特徴は
「ディープインパクト産駒が
ものすごく強い」ことです。

当レースの、ディープ産駒の
全成績を診てください。

11年1着 トーセンラ-
11年6着 コティリオン
12年1着 ワールドエース
12年2着 ヒストリカル
12年3着 ベールドインパクト
13年6着 ラストインパククト
13年8着 リグヴェーダ
14年1着 トーセンスターダム
14年6着 サトノルパン
15年2着 ポルトドートウィユ
15年4着 グリュイエール
15年7着 レガッタ
16年1着 サトノダイヤモンド
16年2着 レプランシュ
16年3着 ロイカバード
17年2着 サトノアーサー

上位人気馬が多いとはいえ
上記16頭の通算成績は
(4.4.2.6)複勝率63%!

12・16年は、出走していた
ディープ産駒3頭で見事に
ワンツースリーしましたし、
昨年も唯一の出走馬だった
サトノアーサーがきっちり
連対を確保しています。

スローからよーいドンの
競馬になる確率が非常に
高い京都の芝1800m戦。

しかもクラシック本番を
睨む馬が出走するため
序盤から「様子見モード」が
色濃い当レースですから
なおさら、ディープ産駒の
セールスポイントである
「スローで溜めてからの
瞬発力&キレ勝負に強い
特性」が大いに活きている、
ということなのでしょう。

ましてや京都の直線は
そんな瞬発力やキレがより
ひきたつ「平坦」です。

今年も「該当馬」は
少し評価を上げたいと
考えています。

その他のポイントに
ついては、次項PART2で
掘り下げてお伝えします。

PART2に続きます。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。