『フラワーCの穴馬探し予想PART1』シベリアン

「フラワーC」の
穴馬探しをお届けします。

フラワーCは
3月17日(土)に
中山芝1800mで行われる、
3歳牝馬限定のG3重賞です。

土曜施行のレースですので
さっそく、当レースの
ポイントをご紹介しましょう。

【ポイント1】
「対牡馬」のレースで
好走していた馬を狙え

→当欄では何度も
「牝馬限定レースでは、
直近の牡馬混合戦で
好走していた馬を狙う
シンプルな馬券作戦が
奏功しやすい」と記して
います。

そして、フラワーCは特に
その作戦が通用しやすい
レースです。

近5年の当レース好走馬の
「直前2走のうち、
牡馬混合戦に出走した
成績」を診てください。

13年1着馬  2番人気  前走1着
13年2着馬  3番人気  前走1着
13年3着馬  6番人気
14年1着馬  3番人気  前走1着
14年2着馬  4番人気  前走5着、前々走9着
14年3着馬  6番人気  前々走3着
15年1着馬  1番人気  前走1着、前々走1着
15年2着馬  12番人気  前走1着
15年3着馬  2番人気  前々走1着
16年1着馬  1番人気
16年2着馬  2番人気  前々走3着
16年3着馬  14番人気  前走7着、前々走7着
17年1着馬  1番人気  前走1着、前々走1着
17年2着馬  8番人気  前走6着、前々走4着
17年3着馬  7番人気

このように、近5年の
好走馬15頭のうち
11頭が、直近2走の
いずれかで「対牡馬で
掲示板に載っていた」
馬でした。

たとえば昨年2着の
シーズララバイは
前走・前々走とも
牡馬と走りましたが
トリコロールブルー、
ウインブライトといった
強い牡馬とのレース。
ゆえにこの「6着・
4着」は高評価すべき
ものだったのです。

しかも、当レースの
舞台の中山芝1800mは
3歳牝馬にとってタフな
コース。その点でも
牡馬と戦ってきた「強靱な
履歴」が活きます。

たとえ、直近の
レースで対戦した
牡馬の「レベル」が
よく分からなくとも、
牡馬と戦ったというだけで
アドバンテージに解釈して
いい、ということ。

ぜひ、牡馬混合戦で
戦ってきた履歴と内容に
注目してください。

【ポイント2】
前走「500万」出走馬が
狙い目?

→近10年の
当レース前走クラス別の
成績を診てください。
(阪神開催の11年除く)

重賞   複勝率14%   2.3.1.36
オープン 複勝率20%   0.1.0.4
500万  複勝率25%   6.4.7.52
新馬戦  複勝率10%   1.0.0.9
未勝利戦 複勝率18%   1.3.1.23

前走「重賞」出走馬よりも
前走「500万」出走馬の
ほうが成績が上です。

前走「500万」出走馬=
桜花賞やオークスに出る
ための収得賞金が現時点で
足りていない馬ですが、
そんな切羽詰まった馬こそ
当レースへ向けてきっちり
仕上げてきて(2着以内に
走って)賞金の積み上げを
目指してくるため、その
本気度が(賞金に余裕のある
馬が多い)前走重賞出走馬を
状態面&モチベーションで
上回って好走する事が多い、
ということなのでしょう。

昨年などはまさに象徴的。
前走「500万」出走馬が
ワンツースリーを決め、
逆に前走「G1」出走の
3番人気ディーワパンサが
6着に凡走。いかにも
フラワーCの「パターン」に
ハマった結果となりました。

なお前走未勝利戦出走馬も
しばしば穴を空けますが、
まだキャリアが1戦しかない
前走「新馬戦」出走馬は
さすがにキャリア不足が
響くのが(1.0.0.9)と
走っていません。

【ポイント3】
「逃げる馬」に要注目

→近10年の当レースで
「逃げた馬」の成績は
(5.0.1.4)と超・優秀。
逃げ残りが狙えそうな
馬も要マークです。

【ポイント4】
「距離実積が無い人気馬」は
危ない

→近5年の当レースには
下記11頭の「1800m以上の
距離で好走したことが全く
無かったのに7番人気以内に
推されていた馬」が出走して
いましたが(2.0.1.9)。
上位人気馬とはとても思えない
低調なアベレージです。

13年 サクラプレジー 1着(2)0.0.0.0
13年 レッドマニッシ 8着(4)0.0.0.1
13年 タプローム   12着(7)0.0.0.0
14年 クリスマス   7着(2)0.0.0.0
14年 チョコレートバ 8着(7)0.0.0.0
14年 ニシノアカツキ 10着(5)0.0.0.1
15年 アルビアーノ  1着(1)0.0.0.0
15年 ロッカフラベイ  4着(4)0.0.0.0
15年 ジャポニカ-ラ  6着(7)0.0.0.0
16年 ルフォール    8着(3)0.0.0.0
16年 アオイサンシャ  6着(7)0.0.0.0
17年 ドロウアカード 3着(7)0.0.0.0
17年 ハナレイムーン 5着(4)0.0.0.0
17年 ディーワパンサ 6着(3)0.0.0.0

・(カッコ数字)は人気順
・いちばん右の着度数は
 フラワーCの前までの
 「1800m以上」での成績

フラワーCは実戦経験の乏しい
3歳牝馬が「小回り+内回りで
忙しく流れるタフな舞台」の
中山芝1800mを走りますから、
レースの質はけっこうシビア。

ゆえに1800m以上の距離で
好走した実積すら無い馬では
(たとえ人気馬でも)厳しい、
ということなのでしょう。

距離経験が無いのに人気に
推されている馬=絶好の
嫌い目となります。

以上4点を鑑みたうえで、
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。