『高松宮記念の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「高松宮記念」の
穴馬探しをお届けします。

 高松宮記念は
3月25日(日)に
中京芝1200mで行われる
 スプリントG1です。

さっそく、当レースの
 ポイントをお伝えします。

なお「新・中京」で
高松宮記念が行われる
 ようになって今年で7年目。

よって下記の各ポイントは
前6年のレース結果から
 お伝えしています。

 【ポイント1】
 今年は「ドバイG1」と
日程が重なっていない

→今年の高松宮記念の
最大のポイントは、じつは
 コレでは無いでしょうか?

 過去6年の高松宮記念と
「ドバイG1」の日程を
診てください。

2012年☆ ドバイ3月31日  高松宮3月25日
2013年☆ ドバイ3月30日  高松宮3月24日
2014年★ ドバイ3月29日  高松宮3月30日
2015年★ ドバイ3月28日  高松宮3月29日
2016年★ ドバイ3月26日  高松宮3月27日
2017年★ ドバイ3月25日  高松宮3月26日
———————————–
2018年☆ ドバイ3月31日  高松宮3月25日

ドバイG1と高松宮記念の日程が
▲=重なった年。
△=重ならなかった年。

つまり今年は、5年ぶりに
 ドバイG1と高松宮記念の
日程が重ならなかったのです。

それが、高松宮記念に
何の影響があるのか?と
言うなかれ。

つまり今年の高松宮記念は、
 「数人のジョッキーが
 ドバイ遠征中で不在」では
 なくなるワケです。これは
 とても大きい。

 例年ならドバイ遠征する
 ジョッキーが多発→
乗り替りも多発するのが
高松宮記念。それにより
出走馬の実力相関図も動き、
 本来の実力を出し切れない
馬も出現してしまい、
ある意味狙いづらい一戦と
化していた面もありました。

しかし、今年は違います。
 「前走と同じジョッキーが
引き続き騎乗する馬」=
それにより、持てうる力を
 しっかり出し切れる馬が
 ここ数年よりも増えます。

よって今年は、そういった
「前走からのコンビ継続により、
 戦力ダウンせず出走してくる
馬がしっかり好結果を残す」
 可能性が大きい年なのでは…
と思うのです。

その証拠(?)に、実際に
2012年&2013年=
 「ドバイG1と高松宮記念の
日程が重ならなかった年」に
馬券圏に好走した6頭は全て、
 前走と鞍上が同じでした。

2012年1着馬  池添   前走も池添
2012年2着馬  吉田豊  前走も吉田豊
2012年3着馬  福永   前走も福永
2013年1着馬  岩田   前走も岩田
2013年2着馬  松山   前走も松山
2013年3着馬  酒井   前走も酒井

 今年は、当項目該当馬を
狙おうと密かに考えています。

 【ポイント2】
 牝馬が弱い

→中京改装後の近6年に
 おける牝馬は(1.1.2.24)と
苦戦中。連対率はたったの
7%です。

ちなみに、牡馬は近6年で
(5.5.4.64)連対率13%と
 ほぼダブルスコア状態。

 本来スプリント戦は「牝馬が
牡馬と互角にやれる」貴重な
 ジャンルですが、新装された
中京コース=急坂が直前の
前半部に設けられたことで
 パワー&地力が凄く求められ、
 逆に牝馬の貴重な武器である
瞬発力やキレが新装前ほど
役に立たなくなりましたので、
 新装中京に舞台が替わった
 ここ6年は牝馬の成績が低調、
ということなのでしょう。

 昨年2着馬(牝馬)の
 レッツゴードンキには
 もちろん敬意を表しますが
今年も当欄は牡馬の中から
推奨馬を選択する予定です。

その他の当レースの傾向は、
PART2で記していきます。

PART2に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。