『高松宮記念の穴馬探し予想PART2』シベリアン

引き続き「高松宮記念」の
穴馬探しです。

PART1では、今年の
当レースの日程のキモなどに
ついて記しました。

今回は、他の当レースの
ポイントを記していきます。

【ポイント3】
ダート実績馬や
ダート血統馬に要注意?

→近6年の(外国馬を除く)
3着以内好走馬17頭のうち
5頭が、高松宮記念を迎える
までに「ダート1600m以下」
で好走した事がある馬でした。

2012年1着馬 1.1.0.0
2014年2着馬 7.6.3.10
2017年1着馬 1.3.0.0
2017年2着馬 0.1.0.0
2017年3着馬 4.1.1.3

芝G1の傾向とは思えない
現象ですが、新装された
中京=急坂が直前前半に
設けられ馬力&地力が凄く
求められるようになった
うえに、このレースは特に
前傾ラップとなることで
レースの質は非常にタフ。

よって、ラップ的にも
レースの中身的にも
「ダート短距離で好走できた」
ほどの資質を持つタフな馬が
結果を出している、という
ことではないでしょうか。

その観点から考えれば陶然、
ダート色が強い血統の馬も
要マーク、となります。

【ポイント4】
「リピーター」に要注意

→近6年の好走馬18頭の
うち(2012年以降で)
複数年で好走した馬が
下記3頭います。

ロードカナロア 2012年3着 2013年1着
ハクサンムーン 2013年3着 2015年2着
ミッキーアイル 2015年3着 2016年2着

しかも興味深いのは、
3頭とも「1回目の好走」→
「2回目の好走」で着順を
上げていること。これは
他の大レースではあまり
現れない傾向です。

中京=特殊なコース形態ゆえ
芝でもダートでも、どんな
距離でも「リピーター」が
出現しやすい舞台ですが、
トップホース同士の戦いで
少しの「差」が結果を分ける
当G1レースではなおさら、
既にこの特殊舞台を経験して
しかもソコソコ走れた事が
翌年へのアドバンテージと
なる、ということなのかも
しれません。

【ポイント5】
「坂路調教馬」が強い

→前6年の、外国馬を除いた
好走馬17頭が、1週前調教・
最終調教をどの調教コースで
行ったかを診てください。
★=最終調教 ▼=1週前調教

12年1着 カレンチ 2番人気  ★坂路  ▼坂路
12年2着 サンカル 3番人気  ★坂路  ▼坂路
12年3着 ロードカ 1番人気  ★坂路  ▼坂路
13年1着 ロードカ 1番人気  ★坂路  ▼坂路
13年2着 ドリーム 2番人気  ★坂路  ▼坂路
13年3着 ハクサン 10番人気  ★坂路  ▼坂路
14年1着 コパノリ 3番人気  ★坂路  ▼坂路
14年2着 スノード 8番人気  ★坂路  ▼なし
14年3着 ストレイ 1番人気  ★ウッド ▼ウッド
15年2着 ハクサン 6番人気  ★坂路  ▼坂路
15年3着 ミッキー 3番人気  ★ウッド ▼ウッド
16年1着 ビッグア 1番人気  ★坂路  ▼坂路
16年2着 ミッキー 2番人気  ★坂路  ▼坂路
16年3着 アルビア 3番人気  ★ウッド ▼坂路
17年1着 セイウン 5番人気  ★ウッド ▼ウッド
17年2着 レッツゴ 2番人気  ★坂路  ▼坂路
17年3着 レッドフ 1番人気  ★ウッド ▼ウッド

このように、最終調教・
1週前調教のどちらとも
坂路で追わなかったのは
1番人気のストレイトガール、
同じくレッドファルクス、
3番人気のミッキーアイル、
5番人気セイウンコウセイの
上位人気馬4頭のみ。

他13頭は、最終調教・
1週前調教のどちらかを
坂路で施された馬でした。

特に、6番人気以下で
好走した「穴馬」3頭は
すべて坂路追いの馬です。

もともと短距離レース=
坂路調教馬が多い分野では
ありますが、ただ改修前の
「平坦」旧中京コースでの
高松宮記念では、たとえば
キンシャサノキセキや
ファイングレイン、さらに
ビービーガルダンなど
『坂路ではなくウッドなど
平地コ-スで調教した馬』が
多く好走していました。

しかし、2012年から中京の
直線に「急坂」が新設された
途端、当レースで坂路調教馬が
台頭するようになったのです。

中京コースの形態が変わった
ことで(急坂を駆けあがる)、
坂路調整された馬に、タフな
当レースにおける「利」が
発生しているのでしょう。

【ポイント6】
最内枠が不振

→前6年の「枠別」成績を
診てください。1枠の馬が
不振です。この時期の
中京の芝=内が悪くなって
いることも原因でしょう。

1枠  複勝率 8%  0.0.1.11
2枠  複勝率25%  2.1.0.9
3枠  複勝率25%  2.1.0.9
4枠  複勝率17%  0.0.2.10
5枠  複勝率17%  1.0.1.10
6枠  複勝率17%  1.1.0.10
7枠  複勝率12%  0.1.1.15
8枠  複勝率17%  0.2.1.15

以上の6点を鑑みた上で
今年の推奨馬をPART3で
会員様にお伝えします。

PART3・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。