『大阪杯の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「大阪杯」の穴馬探しを
お届けします。

大阪杯は4月1日(日)に
阪神芝2000mで行われる
G1レースです。

昨年から「G1」に
格上げされた当レース。

さっそく、大阪杯の
ポイントをお伝えします。

【ポイント1】
阪神芝2000mの重賞=
「内枠有利」ではないので
要注意!

→小回りの1周コース戦と
聞くと、どうしても
内枠有利と思いがちですが
当レースでは、内枠馬が
全滅に近いアベレージを
残しています。G2時代も
含めた近10年の大阪杯の
枠別成績を診てください。

1枠  連対率 0%  複勝率 0%  0.0.0.10
2枠  連対率 0%  複勝率18%  0.0.2.9
3枠  連対率29%  複勝率36%  1.3.1.9
4枠  連対率14%  複勝率21%  2.0.1.11
5枠  連対率24%  複勝率29%  1.3.1.12
6枠  連対率11%  複勝率21%  1.1.2.15
7枠  連対率26%  複勝率32%  3.2.1.13
8枠  連対率16%  複勝率26%  2.1.2.14

このように、内枠だけ
極端に成績が悪いのです。
なんと1枠は好走ゼロ!
2枠も、連対ゼロ!

じつはこの枠傾向、
大阪杯に限ったことでは
ありません。同じ
「阪神2000m重賞」の
鳴尾記念でも、全く同じ
傾向が現れています。

阪神2000m施行になった
2012年以降の鳴尾記念の
枠別成績を診てください。

1枠  連対率 0%  複勝率 0%  0.0.0.7
2枠  連対率 0%  複勝率29%  0.0.2.5
3枠  連対率13%  複勝率25%  1.0.1.6
4枠  連対率 0%  複勝率25%  0.0.2.6
5枠  連対率22%  複勝率22%  1.1.0.7
6枠  連対率20%  複勝率20%  0.1.1.8
7枠  連対率33%  複勝率33%  0.4.0.8
8枠  連対率33%  複勝率33%  4.0.0.8

このように、鳴尾記念も
1枠馬は全滅。2枠馬も
連対ナシ。

気味が悪いくらい(笑)
大阪杯と同じ現象です。

要は、コレが
阪神芝2000m重賞の
共通の傾向、というコト。

スタートして間もなく
コーナーを迎える当舞台で
かつ(高レベルゆえ)
テンもシビアに流れる
当レースの場合、内枠から
「ハナに立たなかった馬」は
最初のコーナー前後で外から
被せられて揉まれやすく、
序盤をなかなかスムーズに
進められない、という面が
あるのでしょう。

ともあれ「内枠をひいたから
ロスなく進められそうで
有利だぞ」と安易に考えない
ことも大切と言えます。

その他の当レースの傾向は、
PART2で記していきます。

PART2に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。