『皐月賞の穴馬探し予想PART2』シベリアン

引き続き「皐月賞」の
穴馬探しをお届けします。

PART1では当レースの
「弥生賞組のキモ」について
記しました。

今回は、他の当レースの
ポイントを記していきます。

【ポイント2】
前走「1800m」出走馬が
6連勝中

→タイトルどおり。
近10年(東京開催だった
2011年は除く)の皐月賞を
勝った10頭の「前走距離」を
診てください。

07年勝ち馬 前走2000m(若葉S)
08年勝ち馬 前走2000m(弥生賞)
09年勝ち馬 前走1800m(スプリングS)
10年勝ち馬 前走2000m(弥生賞)
12年勝ち馬 前走1800m(共同通信杯)
13年勝ち馬 前走1800m(スプリングS)
14年勝ち馬 前走1800m(共同通信杯)
15年勝ち馬 前走1800m(共同通信杯)
16年勝ち馬 前走1800m(共同通信杯)
17年勝ち馬 前走1800m(毎日杯)

前回PART1の記事で
「スローになった年の弥生賞で
好走した馬は、皐月賞では
凡走が多い」と記しました。

その点から鑑みると
タフに流れる皐月賞では、
直近に短めの距離を走って
「やや忙しい流れ」を
体感しておくことが、糧と
なるのではないでしょうか?

しかも近年は時計の速い
決着が多いですから、
マイルや1800mへの適性を
見せていることも大切に
なっているのでしょう。

前走(or前走まで)で
短めの距離を好走したり、
忙しい流れになったレースを
使っていた馬を狙いたくなる
一戦と言えます。

【ポイント3】
スピード決着なら
キングマンボ?

→近年の「時計の速い
皐月賞」では、配合内に
キングカメハメハの血を
持つ馬が多く好走しています。

13年3着 コディーノ 父キンカメ  3番人気
14年2着 トゥザワー 父キンカメ  1番人気
15年1着 ドゥラメン 父キンカメ  3番人気
17年3着 ダンビュラ 父父キンカメ 12番人気

秋の野芝開催の際にも、
当欄で「時計の速い中山=
馬力とスピードのバランスで
高速ラップを維持できる
キングマンボ持ちの馬が
強い」としばしば記して
いますが、たとえ路盤が
掘れていても堅く、芝も
気温上昇で生え揃ってきた
馬場で行われる皐月賞でも、
結果を出せている印象です。

もちろん、高速レース化で
ディープ産駒の台頭も
普通に増えてきています。
もう「ディープだから
皐月賞は割引」と考える
必要はありません。

ただし、これはあくまで
高速馬場になった場合。
雨で渋化すると(路銀自体は
掘れておりしっかり馬場が
悪化するため)やはり
道悪血統への注目が必要に
なるでしょう。

【ポイント4】
関東馬には「好走条件」が
存在する

→近10年の皐月賞の
所属別成績を診てください。
(11年の東京開催を除く/
07年~)

関東馬 4.2.2.56 複勝率13%
関西馬 6.8.8.91 複勝率20%

近年は関東馬も勝っていますが
そんな年でも2・3着は関西馬が
ほぼ占めていますし、昨年は
また関西馬のワンツースリー。
関西馬が優勢です。

なお、好走した関東馬8頭には
下記のように『芝1800m or
2000mの重賞で既に連対して
いた』共通点がありました。

関東馬については、ココが
取捨ラインとなってきます。

07年2着 サンツェッ 15番人気 京成杯勝ち
08年2着 タケミカヅ  6番人気 共同通信杯2着
08年3着 マイネルチ  1番人気 京成杯勝ち
13年1着 ロゴタイプ  1番人気 スプリングS勝ち
13年3着 コディーノ  3番人気 東スポ杯勝ち
14年1着 イスラボニ  2番人気 共同通信杯勝ち
15年1着 ドゥラメン  3番人気 共同通信杯2着
16年1着 ディーマジ  8番人気 共同通信杯勝ち

【ポイント5】
中9週以上空くと苦しい

→タイトル通り。昨年は
レイデオロが3ケ月半の
休み明けゆえ、この
項目に該当していましたが
5着に敗れました。

皐月賞は「中9週以上の
休み明けの馬」は基本的に
苦しいレース。

近10年の当レースの
前走からの間隔別成績を
診てください。中9週以上の
馬は連対ゼロ。いっぽう、
間隔が少し詰まっていても
あまり問題ありません。

中3週以下 (4.4.3.75)
中4~8週  (6.6.4.52)
中9週以上  (0.0.3.16)

皐月賞に中9週以上の
休み明けで出てくる場合、
たいていが下記どちらかに
該当します。

◆皐月賞に対する本気度が
 高くなく、ココを叩き台として
 割り切って使い、ダービーで
 勝負を賭けてくる馬
  昨年のレイデオロが該当

◆皐月賞に照準は合わしていた
 ものの、体調的にトライアル戦を
 使いたくても使えず、仕方なく
 ぶっつけ本番になった馬

上記どちらのパターンも、
皐月賞での評価は少し
割り引きたくなる内容。
今年も該当馬がいますが
推奨馬としません。

以上の5点を鑑みた上で
今年の推奨馬をPART3で
会員様にお伝えします。

PART3・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。