『マイラーズCのデータ考察』西城つよし

 

おはようございます。

 

今回は明日の第49回読売マイラーズカップについて、

調べてみました。

 

このレースは京都芝1600mで行われます。

 

このコースはスタートからコーナーまでの距離が長く、

3コーナーにある高低差4.3mの坂が大きな特徴。

 

このコーナーで勢いをつけ一気に下り、

最後の404mの直線に臨むので、

やはり京都コースではスピード、瞬発力に優れている馬の、

好走が目立ちます。

 

そんなマイラーズCのデータ報告。

 

まず重要になる枠から。

 

内枠では2枠3勝、外枠では8枠の5勝と、

過去10年では2枠、8枠に入った馬の勝率が高い。

 

内枠は距離ロスがないのと、

外枠では坂の勢いを利用し、

そのままスピードに乗れるのが要因と思われますね。

 

京都競馬場ということもあり、

ここ10年は関西馬の9勝と優勢は変わらず。

 

そして今回と同距離の馬は4勝、

短縮した馬の5勝と距離延長した馬の勝率が低いので、

ここは押さえておきたいポイントになりそうです。

 

間隔にも注目したいデータがありました。

 

過去10年、前走から中4週以内の馬は【0.4.1.64】と、

苦戦傾向にあり、

逆に5週~25週のゆったりローテの馬は、

【10.6.9.62】と明らかに差が出ています。

 

前走にも目を向けてみると、

過去10年では前走2着以下の4勝、

5着以下の6勝とこれも興味深いデータ。

 

ここ5年でも3頭が、

前走5着以下となってしまったが、

しっかり立て直し勝利しているので、

前走で凡走に終わってしまった馬も、

侮れないかもしれません。

 

出頭メンバーでは、

昨年の当レースの2着馬エアスピネルや、

マイルCSで3着だったサングレーザー、

さらには京都金杯を、

上り3ハロンをメンバー最速の速さで勝利した、

ブラックムーン、

そして阪急杯2着のモズアスコットにも注目が、

集まりそうですね。

 

毎年、好メンバーが揃うマイラーズC、

今年はG1馬の参戦はありませんが、

重賞実績のある馬が多数参戦。

 

しかしデータを見ると、

中穴馬も狙えそうなレースなので、

楽しみが広がりそうなきがして、

今からワクワクがとまりませんが、

興奮を落ち着かせて週末に臨みたいと思います。

 

それではまた。

 

 

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。