『NHKマイルCのデータ考察』西城つよし

 

おはようございます。

 

つよしです。

 

明日でゴールデンウィークが最終日になりますが、

楽しく過ごせましたか?

 

もちろん1人身の私はやることもなく、

誰とも話さない寂しい日々を、

週末まで過ごさせていただきました。

 

いいんです。

 

1人慣れていますから。

 

そんな相変わらず1人で、

寂しい私の重賞レース重賞レース考察は、

明日行われる第23回NHKマイルCです。

 

頭の片隅にでも入れておいてもらえればと思います。

 

昨年のアエロリット、

2016年のメジヤーエンブレムと、

牝馬の活躍が目立っていますので、

今年も牝馬には注目したいですね。

 

そしてここ2年は関東馬が勝利していますが、

ここ10年では関西馬が7勝と、

まだ関西馬の分が良い傾向。

 

前走着順を見ると、

成績の良かった馬が、

そのままの勢いで勝利しており、

人気馬の固い決着が目立ちます。

 

間隔では過去10年で4週~9週の空いている馬が、

【8-7-6-108】と好走していて、

生産者の傾向では過去10年、

ノーザンファームの生産馬が、

【5-2-4-22】

と流石に安定の成績を残しています。

 

今回もノーザン馬は絡んできそうな雰囲気。

 

かつては差し馬が有利なことで、

有名なコースではありましたが、

最近では2012年のカレンブラックヒル、

2014年ミッキーアイル、

2016年メジャーエンブレムと、

逃げ馬が勝利しています。

 

この3頭、枠を見るとカレンブラックヒルが3枠、

ミッキーアイルが5枠、

メジャーエンブレムが2枠と、

内枠~中枠で距離ロスの少ない枠で勝っているので、

ぜひ距離ロスの少ない枠から発走の、

逃げ馬には注目してみる価値はありそうではないですか。

 

今回タワーオブロンドンやカツジをはじめ、

重賞実績のあるメンバーが揃っています。

 

この豪華なメンバーの中、

3歳マイル王に輝くのは果たして、

どの馬になるでしょうか。

 

それではまた。

 

 

 

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。