『京都新聞杯の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「京都新聞杯」の
穴馬探しをお届けします。

 京都新聞杯は、土曜に
京都芝2200mで行われる
3歳限定重賞です。

ダービーが目前に迫る時期。
 当レースは、ダービーへの
最終東上便と言われています。
2013年には、キズナが
当レースを勝ちダービーもV。

 早速、京都新聞杯の
 ポイントをお伝えしましょう。

 【ポイント1】
 前走で、ようやく
勝ち上がったばかりの馬では
 さすがにキツい

→近10年の当レースの
前走別・成績を診てください。
 前走で「未勝利戦」を使って
 きた馬が当レースでまったく
通用していません。

 重賞       複勝率30%  4.2.4.23
オープン特別   複勝率30%  0.2.1.7
 500万      複勝率21%  6.6.4.57
未勝利戦     複勝率  2%  0.0.1.34

前走で未勝利戦を使って
 きた馬=つまり、前走で
 ようやくデビュー初勝利を
 あげた馬となりますが、
さすがにココまで初勝利が
遅れた馬では、各馬が
 ダービー行きをガチンコで
目指すシビアな当レースでは
 なかなか通用しない、と
 いうことなのでしょう。

なお、前走500万出走馬が
健闘しているのも特徴。
 連対馬20頭のうち12頭を
前走500万組が占めます。
しかも12頭のうち5頭が
「4番人気以下」。妙味も
 しっかり連れてきています。

 【ポイント2】
 外枠馬に出番ナシ

→毎年、12番枠から外枠の
馬が全然好走できません。
 近10年の当レースの枠別の
成績を診てください。
 下記のように1頭も連対ナシ。 

11番枠から内 (10.10.8.82)複勝率25%
12番枠から外 (0.0.2.41)  複勝率  4%

この時期の京都は高速馬場。
 芝の状態が良いですし、
まして前週のG1(春天)に
向けて丹念に馬場が整備された
直後でもあります。

しかもココは道中がスローに
 なりますから、道中で外の馬が
内へ潜り込むことも厳しい。

ということで、当レースは
(外々を回らされる可能性が
高い)外枠があたると厳しい
状況となっています。

 【ポイント3】
 「距離短縮組」の
連絡みに注目

→このレースは「前走から
距離を短縮してきた馬」が
連に絡む確率が高いのが
特徴です。

 近10年の前走距離別・成績を
診てください。

 前走から距離短縮 勝率11% 連対率19% 複勝率19% 3.2.0.21
前走から距離延長 勝率  5% 連対率11% 複勝率18% 6.7.8.94
 —————————————————-
前走と同距離   勝率  8% 連対率16% 複勝率33% 1.1.2.8

このように、複勝率は
 さほど変わりありませんが
勝率・連対率は距離短縮組が
好アベレージを残しています。

 道中スローで上がり勝負に
 なる当レースとはいえ、
さすがはダービーをめざす
 ガチンコ戦。その中身は
 じつは「前走で長めの距離を
使ってきたことが活きる」
ほどスタミナも要している、
ということなのでしょうか。

 【ポイント4】
キャリア4戦は欲しい

→このレースは毎年、
キャリア3戦以下の馬が
 ほとんど好走できません。
 近10年の当レースの
 キャリア別成績は下記の
 とおり。

キャリア2戦下 複勝率  7%  0.1.0.12
キャリア3戦  複勝率  9%  0.1.1.19
キャリア4戦  複勝率13%  0.0.3.19
キャリア5戦  複勝率37%  7.2.3.20
キャリア6戦  複勝率25%  1.4.2.20
キャリア7戦超 複勝率13%  2.2.1.33

前述したように
 スローとはいえダービーを
 めざすシビアなガチンコ戦。
そこそこのキャリアを経て
「デキている」馬でないと
厳しい面はあるのでしょう。

 以上4点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。