『ヴィクトリアマイルのデータ考察』西城つよし

 

おはようございます。

 

ゴールデンウィークも終わり、

財布の中が寂しくなっている人も、

多くなる5月の中旬。

 

しかし春の最強牝馬を決めるヴィクトリアマイルが、

懐を温かくしてくれるかもしれませんよ。

 

昨年の勝ち馬アドマイヤリードは、

6番人気で¥1,350

 

2着のデンコウアンジュは11番人気、

3着のジュールポーレールは7番人気。

 

3連複でも¥123,870でしたね。

 

2016年、2017年はストレイトガールが、

2連覇を果たしましたが、

2016年は7番人気、2015年は5番人気と、

決して人気は高くありませんでしたね。

 

もちろん人気が高くなかったのには、

前走の成績が関係します。

 

もちろん昨年のように、

前走も好走していて、

その勢いのまま勝利する馬もいますが、

過去10年では前走6着以下の馬が、

【5-5-0-73】と前走を凡走で、

終わってしまった馬とは思えない走りを披露しています。

 

調教師に目を向けてみると、

ここ10年で3勝挙げている、

藤原英昭調教師は勝ち方を、

熟知しているのかもしれません。

 

上位人気馬を抑え、

ストレイトガールを2連覇させた調教師ですからね。

 

今回も藤原調教師の管理馬には、

ぜひ注目していきたいです。

 

忘れてはならないノーザン馬、

過去10年で【5-4-2-26】

と、ここでも流石の安定感。

 

必ず活躍してくれるでしょう。

 

今回ヴィクトリアマイルと、

同舞台であったNHKマイルCの優勝馬、

アエロリットに注目が集まりそうですが、

同じ4歳馬にも強力な馬が揃っていて、

過去10年では4歳馬が、

【6-7-3-71】と優勢な傾向。

 

しかし昨年の勝ち馬アドマイヤリード、

2着に敗れたデンコウアンジュの存在も、

気になるところです。

 

そんな実力馬が揃うヴィクトリアマイル。

 

春の最強牝馬に輝くのはどの馬になるのでしょうかね?

 

それではまた。

 

 

 

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。