『優駿牝馬のデータ考察』西城つよし

 

おはようございます。

 

待ちに待ったオークスが、

明日に迫ってきましたね。

 

今年もレベルの高い牝馬が集まり、

本当に楽しみなレースになることは間違いありません。

 

そんな今年で79回の歴史を持つオークスの、

データ考察をしていきますので、

頭の片隅に入れていただければと思います。

 

昨年はソウルスターリング、

2016年にはシンハライトと、

2年連続で内枠に入った馬が女王に輝きましたので、

まずは枠順から調べてみます。

 

ここ10年データを見ると、

そこまで有利不利がハッキリとはありませんが、

1枠~3枠を内枠、4枠5枠が中枠、

6枠~8枠を外枠に分類すると、

外枠で勝利したのが、

2012年のジェンティルドンナまで遡ります。

 

つまりここ5年は外枠での勝ちがないのを踏まえると、

ポイントの1つになるかもしれません。

 

騎手での注目は2015年~2017年、

東京競馬場で行われた重賞戦で、

【13-16-4-27】

と安定の強さを維持しているルメール騎手。

 

かなり高い確率で連対してきます。

 

今年、東京競馬場で行われた全レースを見ても、

騎手の中でも1番の勝ち星を上げていて、

【25-11-13-37】と安定感は抜群。

 

戸崎騎手も今年【18-20-17-80】

と関東の騎手では信頼度が高い。

 

東京開催ではありますが、

勝率は関西馬のほうが高いので、

ぜひ戸崎騎手には頑張ってほしいです。

 

前走着順を見てみると、

前走1着馬が【6-3-2-41】

と、前走も見せている実力をしっかり出してくれています。

 

種牡馬ではディープインパクト産駒が過去10年で、

【3-3-3-16】

 

差し、追い込み馬の勝率が高いことを考えれば、

ラストの末脚勝負では、

やはり強さを発揮している傾向ですね。

 

最後に戦数(キャリア)でみると、

4戦【3-3-3-19】

5戦【4-3-1-24】

6戦【3-0-1-32】

 

と前走までで4戦~6戦が、

活躍しているピークということが分かります。

 

ここも絞り込めるポイントになるのではないでしょうか。

 

桜花賞馬アーモンドアイ、

2歳女王ラッキーライラックはもちろん。

 

この2強と、

未だ対決をしていないサトノワルキューレは、

2400mの経験を優位に活かせるはず。

 

もちろんマウレアやリリーノーブルといった、

実力馬もいます。

 

第79回優駿牝馬も、

豪華なメンバーが揃いましたので、

レベルの高い戦いに注目し、

興奮しながら楽しみましょう。

 

それではまた。

 

 

 

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。