『第85回東京優駿のデータ考察』 西城つよし

おはようございます。

 

先週のオークス、

とにかくアーモンドアイが強すぎました。

 

トビが大きく長い脚は、

東京の長い直線で絶大な威力をみせつけ、

今後ますます期待が大きくなってしまうレース内容でしたので、

ゆっくり休んで秋の3冠達成を期待したいです。

 

そして明日は、

こちらも楽しみにしていました日本ダービー。

 

全てのホースマンの夢である最高峰のレースが、

迫ってきました。

 

昨年はレイデオロがスローペースの流れを読み切った、

ルメール騎手の好騎乗により勝利。

 

馬の能力だけでは、

勝利できないことをしっかりと見せてくれましたね。

 

そんな今年の日本ダービーは、

例年より予想が難しいレースになりそうです。

 

昨年、一昨年と1番人気~3番人気が、

馬券圏内と固い決着になりましたが、

今年は昨年の最優秀2歳牡馬ダノンプレミアムが、

怪我明けで万全かどうか疑問が残り、

ジャンダルムやステルビィオは、

ダノンプレミアムが怪我のため回避した皐月賞で完敗。

 

そんな中、出走メンバーには京都新聞杯を制した、

ステイフーリッシュ、

青葉賞を勝利したゴーフォザサミット、

まだ負けていないブラストワンピースも気になるところ。

 

このように混戦ムードが漂う中、

やはり注目は過去10年で3勝挙げている、

ディープインパクト産駒と、

2勝挙げているキングカメハメハ産駒になるでしょう。

 

今年の東京芝のレースでも、

ディープインパクト産駒が、

【16-14-18-103】

キングカメハメハ産駒が、

【6-3-6-25】

と東京競馬場との相性が良く、

この2頭の血統から狙うのがベストかなと思います。

 

次に枠番ではここ10年で、

1枠が【5-2-1-12】と、

他の枠より、

明らかに勝率の高いデータ。

 

そういえばオークスでも、

2着と3着だったリリーノーブルとラッキーライラックは、

1枠からの発走でした。

 

ここは間違いなく注目しないといけませんね。

 

戦数(キャリア)では、

前走までで4戦~6戦の馬が、

【7-8-8-82】と高い勝率残しており、

間隔では5週~9週までの馬が、

【8-7-4-66】と、

こちらも絞りやすいデータとなっているのではないでしょうか。

 

2歳王者のダノンプレミアムが復帰し、

皐月賞の勝ち馬エポカドーロ、

他にも逆襲のチャンスを狙う馬も多頭いるので、

今年も非常に楽しみなダービーになりそうです。

 

それではまた。

 

 

 

 

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。