『葵Sの穴馬探し予想PART1』シベリアン

「葵S」の穴馬探しを
お届けします。

葵Sは今年から重賞に
格上げされた3歳限定の
短距離重賞レース。
京都芝1200mを舞台に
行われます。

さっそく、当レースの
ポイントをお伝えしましょう。

【ポイント1】
差し馬を要マークか

→オープン特別時代の
データになりますが、
当レースが1200mで
行われるようになった
近8年で3着以内に
好走した全24頭のうち
半数近い11頭が、4角で
6番手より後ろにいた
差し馬でした。

逃げ先行有利でおなじみ
京都芝1200mとしては
やや異例な現象ですが、
他の京都芝1200m戦と
違ってテンから速めに
流れることが多いため、
このような現象が現れて
いるのでしょう。

今年から重賞に格上げされ
メンバーが厚くなれば
テンのペースはさらに
上がりそうですし、まして
今の京都は差しもソコソコ
届く状況ですから、今年の
当レースは差しの台頭が
いっそう増えるのでは、と
考えているところです。

しかも近8年で好走した
「7番人気以下」の穴馬に
ついても、9頭のうち5頭が
4角で6番手より後ろにいた
差し馬でしたから、穴を狙う
際も差し台頭を意識したい
ところです。

【ポイント2】
長めの距離に寄り道して
負けてきた馬の
「適条件戻り」が
穴の狙い目?

→近年の当レースでは
「芝1200m戦での好走歴が
あるものの、前走は長めの
距離を使?凡走。葵Sで
1200mに距離が戻って
蘇った」馬がかなりいます。

〈近3年好走馬の「前々走→前走」〉
15年1着馬 1400m 5着 → 1600m 9着
15年2着馬 1400m 4着 → 1200m 1着
15年3着馬 1200m 1着 → 1400m17着 ★  
16年1着馬 1600m 3着 → 1200m 1着 
16年2着馬 1400m 5着 → 1400m 4着 ★
16年3着馬 1400m10着 → 1400m 5着 ★
17年1着馬 1400m 8着 → 1400m 5着 ★ 
17年2着馬 1400m 7着 → 1400m 3着 
17年3着馬 1200m 1着 → 1400m 8着 ★

上記の★印付きの5頭が
「該当馬」ですが、5頭の
人気順は10・6・10・2・6。

つまり「番組の関係」で
仕方なく長めの距離を使って
凡走してきたコトで今回の
人気を下げている馬が狙い目、
というコト。近況の履歴は
要チェックです。

【ポイント3】
7・8枠は極端に不振

→当レースが1200mで
行われるようになった
近8年の枠別成績は下記の
とおり。7・8枠の不振が
顕著です。

1・2枠 複勝率30% 4.2.1.16
3・4枠 複勝率21% 3.1.2.22
5・6枠 複勝率28% 1.4.4.23
7・8枠 複勝率 6% 0.1.1.30

今年から重賞に格上げされ、
多頭数になってスピードも
上がれば、外枠からの追走は
さらに苦しくなるのでは
ないでしょうか。

以上3点を鑑みたうえで、
今年の推奨馬をPART3で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。