『第68回安田記念のデータ考察』西城つよし

 

おはようございます。

 

今回は明日に行われる安田記念について。

 

昨年は7番人気のサトノアラジン、

一昨年は8番人気のロゴタイプの勝利でも分かるように、

過去20年、1番人気馬がわずか5勝と、

荒れることで知られていますよね。

 

今年も猛者たちが集結しているので、

予想はかなり難しくなりそうです。

 

今回、私が個人的に注目しているのが牝馬。

 

安田記念の牝馬での優勝は2009年の、

ウオッカまで遡り、

2008年も安田記念を制しているので2連覇、

史上最強の牝馬と呼ばれていたのが頷けます。

 

今年は1600mの距離を経験している、

能力の高い牝馬がいますので、

牝馬の9年ぶりの勝利を見られるのかも

注目の1つになるでしょう。

 

年齢では過去10年、

4歳馬【2-2-1-25】

5歳馬【3-3-3-45】

6歳馬【4-2-5-38】という成績です。

 

4歳馬の成績がイマイチで、

5歳馬、6歳馬が活躍していることが分かりますので、

ここは忍耐力のあるベテラン勢が有利な傾向。

 

今回4歳馬が多数出走しますので、

どうなるでしょうか。

 

そして生産者では、

社台ファーム生産馬が【3-2-2-23】

ノーザンファーム生産馬が【2-2-0-28】

 

昨年の優勝馬サトノアラジンはノーザンファーム、

2着のロゴタイプ、

3着のレッドフォルクスは社台ファームでした。

 

今年もこの2つの生産馬には注目ですね。

 

前走のクラス別では、

前走G1を戦ってきた組が4勝挙げていることから、

基本は前走G1組を優先で予想したほうが良さそうです。

 

上り3ハロンでは、

上り3位以内の馬の好走率が高く、

前走上り1位、2位だった馬の成績は優秀。

 

コンスタントに上がり上位の脚を披露している、

馬に注目したいですね。

 

 

春競馬を締めくくる安田記念、

かなりの混戦模様となりそうですが、

今年はどのようなドラマが待っているか、

非常に楽しみですね。

 

それではまた。

 

 

 

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。