『第23回マーメイドSのデータ考察』西城つよし

 

おはようございます。

 

今回は明日に行われるマーメイドSの、

10年データを調べてみました。

 

今年で23回目となる比較的、

歴史の新しい重賞ではありますがG1馬や、

それに匹敵するも馬も数多くこのレースで、

戦ってきていることもあり、

すっかり競馬ファンには定着していますよね。

 

そしてこのレースのもう一つの魅力といえば、

荒れる結果が多いということ。

 

昨年のマキシマムドパリが制したレースでは、

三連単14,720円と、

比較的固めの決着で終わりましたが、

13年~16年まで4年連続で、

3連単10万超えの決着でした。

 

今年はどうなるのでしょうか。

 

まずは枠順から。

 

昨年、一昨年と7枠発走の馬が勝利していて、

10年分のデータで見ると、

1枠~4枠が3勝、

5枠~8枠が7勝と外枠有利な傾向。

 

梅雨の時期の阪神は雨で内が痛み、

時計がかかる馬場になることも多いので、

距離ロスは少ないですが、

内枠が有利にならない原因の一つと言えるでしょう。

 

次に舞台が阪神ということもあってか、

関東馬の勝利はなく、

関西馬が安定の成績を残しています。

 

脚質では差し馬が、

【4-3-5-42】と優勢、

3コーナーから直線の途中まで、

下り坂になっているため、

ここでスピードに乗り馬群の内を突き、

差しが決まるパターンが多いようです。

 

年齢では5歳馬が【7-6-4-55】

とベテラン馬が好走しています。

 

特にここ3年は連続して5歳馬が勝利しているので、

ここも絞り込めそうですね。

 

そしてここでも強さを見せるノーザン馬、

【4-1-2-23】

阪神で実績のある馬には、

さらに注目したほうが良さそう。

 

前走着順では、

前走1着馬が2勝、

前走6着以下が5勝と、

波乱が起きやすくなることを示すデータ。

 

荒れることが多いだけに、

中穴馬を積極的に狙っていくことが、

ポイントになりそうです。

 

今年は固い決着になるのか、

それとも再びリッチ配当獲得のチャンスになるのか、

楽しみなレースまでもう少しの辛抱ですね。

 

それではまた。

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?