『函館スプリントSのデータ考察』西城つよし

 

おはようございます。

 

今回は明日に行われる函館スプリントSについて、

調べてみました。

 

注目ポイントは、

人気薄の台頭が目立つレースになっているということ。

 

2013年~2016年では、

4年連続で3連単10万馬券が出ていることからも、

波乱が起きそうな予感はします。

 

さらにここ2年では牝馬が勝利していることもあり、

牝馬の活躍はカギを握ってきそうです。

 

では気になる枠順別の成績を見ていきましょう。

 

1枠(1-2-3-7)

2枠(2-1-0-11)

3枠(2-3-1-9)

4枠(0-0-2-14)

5枠(1-0-0-16)

6枠(1-1-1-15)

7枠(1-1-1-15)

8枠(1-1-1-15)

※2009年の札幌開催を除いた過去9年データ

 

芝1200mの短距離レースなだけに、

やはり内枠の好走が目立ち、

脚質別データで見ても、

先行馬が【5-3-1-24】と、

こちらも直線も短いスプリント戦ということで、

先行している馬が好走しています。

 

前走のクラス別成績では、

G1組が【4-4-4-25】と、

優秀な成績を納めていますので、

高松宮記念からの参戦馬には注目したいところですね。

 

前走着順では前走上位の着順だった馬は、

その勢いのまま好走率も高いですが、

着目するところは、6着以下の着外組。

 

1着~3着が【5-5-2-24】に対し、

6着以下が【4-3-5-64】と、

引けを取らない成績を残しています。

 

とくに10着以下は9頭も馬券になっているので、

穴馬を見つけることが、

当レースではポイントになりそうです。

 

そして夏は牝馬ということで、

牡牝別の成績をみていきます。

 

牡・セン【5-7-4-72】

勝率5.7% 連対率13,6% 複勝率18.2

牝【4-2-5-30】

勝率9.8% 連対率14.6% 複勝率26.8

 

いかに牝馬が優秀な成績を残しいているかが、

分かりますね。

 

そして過去9年では、

関西馬の7勝、関東馬の2勝と、

圧倒的に関西馬が有利、

絞り込みやすくなりそうです。

 

以上が函館スプリントSのデータ考察、

良かったら予想の参考にしていただければと思います。

 

それではまた。

 

 

 

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?