『長万部特別の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「長万部特別」の
穴馬探しをお届けします。

長万部特別は
6月23日(土)に
函館芝1200mで行われる、
1000万下の特別戦です。

普段から週末に行われる
平地3重賞の展望を
お届けしている当欄ですが、
平地3重賞が施行されない週は
さらに別レースも取り上げて
展望をお届けしています。

次週末に行われる
平地重賞は宝塚記念の
1クラのみ。

そこで、今週は
土曜函館11R・大沼S、
土曜函館12R・長万部特別の
展望もお伝えします。

さて、先々週から
函館競馬がスタートしました。

そこで当欄では、
この長万部特別が行われる
「函館芝1200m」の
先週のレースで起きていた
傾向について2点、お伝え
することにしましょう。

【ポイント1】
内で進路が詰まらなかった
逃げ先行馬が好走した

→今年の函館も芝の状態が
かなり良いため、基本的には
内々で進めた逃げ先行馬の
脚が止まらず有利な印象。

ただ、特に芝1200m戦では
そんな馬場の良い内に直線で
多くの馬が殺到しますから、
内の進路が渋滞しがちです。

先週の土日メーンレースが
まさに象徴的でしたが、
内で進めるも前が詰まって
追えずにゴール、という
馬が多発していました。
「進路が詰まらなかった
逃げ先行馬」が好走したと
いうワケです。

極端な内枠に入り、しかも
ハナには行かず「溜めて
先行する」タイプの馬に
ついては、前詰まりも
覚悟する必要があります。
そんな時には、スムーズに
走ってきた中位差し馬の
差しも届くようになります。

【ポイント2】
サンデーvsダート?

→先週土日に行われた
函館の芝1200m戦で
馬券圏に好走した21頭の
「父」を診てください。

(土)1R
1着馬 ☆ダノンシャンティ
2着馬 ☆ディープインパクト
3着馬 ☆マツリダゴッホ

(土)8R
1着馬 ☆ステイゴールド
2着馬 ☆ディープブリランテ
3着馬 ☆ディープブリランテ

(土)11R
1着馬  スパイツタウン
2着馬 ☆マツリダゴッホ
3着馬  タイキシャトル

(日)3R
1着馬  ハ-ビンジャー
2着馬  ロードカナロア
3着馬  トランセンド

(日)5R
1着馬  エイシンフラッシュ
2着馬  テンプルシティ
3着馬  ヴァイオレンス

(日)8R
1着馬 ☆ダイワメジャー
2着馬  ストーミングホーム
3着馬 ☆ディープインパクト

(日)11R
1着馬  アドマイヤムーン
2着馬 ☆マンハッタンカフェ
3着馬 ☆ダイワメジャー

普段はさほど強くない
サンデー系=☆印の好走が
半数以上を占めたほか、
ダート風味が強い配合の
馬の好走も目立ちました。

「パワー」を要する
洋芝オンリーの馬場で
速い時計が出るという
特異な状況ですから、
道中スピードを維持する
ために、ダート系の筋が
もたらす「馬力の礎」が
効いているのでしょう。

またサンデー系が備える
スピード基礎能力の高さも
ストレートに活きていると
いうことだと思います。

以上の点を鑑みた上で
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。